no title


4時30分起床、そして快晴。11日の日曜日の朝に私の部屋の窓から見えた暑寒別岳。右端の一番高い山です。強風により退却したGWのリベンジ戦で、この日は暑寒別岳にT野先輩と二人で登山口がある増毛町に向かって6時に出発しました。

1


7時40分頃登山開始。約1週間前とは1m位雪が解けたような気がしました。

2


前回風が凄かった稜線も、この日は無風。別世界です。私は暑くて上は下着一枚に。

3


それでも暑くて汗が目に入り痛くなります。夏山登山ならともかくこの時期は初めての経験です。時折日本海を見ながら休憩。

しかしこの時突然スマホのアラームが・・・。確認するとなんと町内会の廃品回収の日だったのです。私は一週間間違えてしまいました。この場を借りてゴメンナサイ!(苦笑)

4


ここは普段風が強い場所だということは、この木が証明してくれます。

5


ここが楽しみだった頂上直下の大斜面。スキー場とは遊びのスケールが違います。先に登った人が気持良さそうにシュプールを描いています。

6


私はこの日、途中から右足の踵附近が痛くなって、登るのに悪戦苦闘していましたが、それ以上に春としては最高のザラメの雪質でテンションも上がり、精神的に痛みを抑えてくれました。まるで天国の階段を登っているような雰囲気!

10


11時35分頂上に到着。約4時間かかりました。さすが暑寒別岳、山が大きいです。
そして私の下着一枚で乳首が見えているセクシーショットです!(笑)

でもこの後、靴を脱いで右足踵部分をスポーツクラブサンテで教えてもらったセルフマッサージで痛みをとりました。マジに下れないくらいの激痛でした。

7


頂上からの景色は、浜益御殿に浜益岳。

8


こっちが浜益岳かな?

9


これが群別岳?Kっち君教えてください!(笑)暑寒別岳に登ったのは10年ぶりでさらには残雪期は初めてなもんで・・・

11


下りは日本海を見下ろしながら大斜面を滑ります。これがヒャッホー超気持イイ!(笑)

12


ところがこの日は暑かったので、下の方では登ったルートが所々通れなくなっていました。小川を渡るのにちょっと苦戦。

13


それでも下りは約1時間で駐車場に到着。もしかしたら今年最高の山かも?

15


この日のログ。

14


そしてこの日の夕食は帰りに増毛で買った食材で前日作ったバーベキューハウスの試運転。

偶然にも稚内の抜海でウインドサーフイン帰りのS男ちゃんが立ち寄り、話が盛上りました。天塩から上は強風だったとか!やっぱ自然相手のアウトドア遊びは最高です!(笑)