1


第4CP、いわばこの大会のハーフでもあるふれあいの里でお腹も満たされ、いよいよ出発。時間の余裕はあまりありません。そしてこれからが本番、一番辛い時間帯なのです。
明け方まで睡魔と寒さと痛みとの闘いで普通なら心が折れそうになるのですが・・・。

でも私にはそんな心配は必要ありませんでした。SコーチとTコーチがボランティアで一番忙しいここのCPのお手伝いに、自分達の仕事が終わってから来てくれていたのです。ここでパワーをもらいタイムリミット30分前の0時頃出発!

2


ふれあいの里を出発して工業高校の前を通り、国道から江部乙方面に少し歩いてバイバスに入ります。おまけにガスっているので闇の世界。前後を歩いている人達は皆ゾンビに見えてくるのです。(笑)
空知第5CPの空知太にある滝川自工さんに到着した時は午前3時。ここもタイムリミットの30分前に到着です。

3


ここで私とゴンちゃんは苦渋の決断。実はこの写真に写っている白い服の男性。中国の方でカナダに留学しており、仲間とこの100kmを歩くために来日したのです。ところが仲間は皆リタイア。第3CPから仲間の方に「こいつを頼む!」と言われ、一緒に連れて歩いてきたのです。

ところが空知大橋辺りから様子が急変、苦痛の顔をしながらやっと歩いているのです。当然スピードは遅くなります。私はこのままでは全員失格になると思い、ゴンちゃんと相談しました。彼は日本語が話せないので美奈さんに通訳してもらい本人の意思をここで確認。その結果リタイアする事になったのです。

最後のお別れの記念写真。私は心の中では泣いていました。政治レベルでは色々とありますが、人と人とならお国は関係ありませんね!

4


3人で第5CPを出発。少し小腹が空き、ふれあいの里でサンテ仲間の方から頂いたタイ焼きを歩きながら食べました。
ゴンちゃんと美奈さんは餡を、私はクリームだったのですが、美奈さんが間違えて私のを一部食べてしまったのです。(笑)

5


第6CPを過ぎ、折り返し地点である第7CPの奈井江の道の駅に到着したのは午前6時、長い長い直線でした。ここでやっと戻ることができます。

6


第8CPの砂川にある地域交流センターゆうに向かう途中、コンビニで軽く朝食。

7


砂川市内ではこれまたサンテ仲間のK野さんからスポーツドリンクの差し入れです。有難いですね。来年は絶対参加したいとか。

8


第8CPに着いたのはこれまたタイムリミット30分前の8時30分。ずっとギリギリで歩いています。

9


ここは昨年時間がなくてパスした場所ですが、救護、食事の体制が整っていました。

10


私は豚汁を頂きましたが、ゴンちゃんと美奈さんはおしるこを!

11


最後は暑い中気力で歩き、第9CPはパスしてふれあいの里に到着。大勢の方達に拍手で迎えられました。

12


ゴンちゃんも今年のテーマである笑顔でゴール!

13


そしておきまりの記念ショット。タイムリミット2分前でした。

100kmの歩き方は色々とあると思います。たとえば「ひたすら自分との戦いで上位を目指す!」それはそれで良いと思います。私とゴンちゃんと二人で真剣に歩けば、故障しない限り、サンテでコーチ達に鍛えてもらっているお陰で50位以内には入れる自信があります。

でも私とゴンちゃんの目標は違いました。普段あまり歩いたことのない美奈さんをサポートしながら完歩させる事が目標だったのです。

美奈さんも足の状態は悲惨なことになっていましたが、苦痛を耐えながらよく頑張ってくれました。私達も達成感で一杯です。私にとって1万円の参加費は高いけれど、昨年も同じでしたがそれ以上に得られる事が沢山ありました。価値のある1万円です。

14


ゴールにはサンテ仲間のS田さん達も来てくれ、ユンケル等の差し入れ。今回はサンテ仲間の人達には大変お世話になったなぁ〜!

15


最後の懇親会では来年度の大会長、カバ君が挨拶。なので私はカミさんも含めてボランティアで参加の予定です。

16


今年のコース。今年は新十津川町を通らなかったので、S男ちゃんは残念ながらゾンビを見れなかったのです!(笑)