24


今年の私が一番楽しみにしていた行事はこれ!山コギャル達を連れて日本百名山の一つ、斜里岳に登ってきました。ここの山は一般的なルートは登りが沢、下りが尾根なのでとてもバリエーションがあり楽しい山です。なので更新用の写真もすっかり多くなってしまいました。(苦笑)

1


7時30分清岳荘から登山開始。前夜飲み過ぎた従兄は二日酔いで最初から苦しそう!(苦笑)

2


まずは林道歩き。子供達の歩くスピードが速くてついて行けません!

3


30分程歩くと沢にとりつきます。山登りに慣れている子供達もここからは初めての経験。まずはへつりから。

4


そして徒渡。足の乗せる位置を教えます。たぶん緊張感を感じたでしょうね!

5


滝の横の高巻きはロープを使って登る場面も。

6


運動神経抜群の子供達、私の言うことをとってもよく聞いてくれます。だんだん慣れてきたのか沢登のコツをつかんてきました。ここら辺りまで登って来ると、余裕で徒渡しています。
体力があり、バランス感覚もとっても良く、将来はスポーツクラブのインストラクターになれるかも!(笑)

7


ところがアクシデント発生。従兄の長男の左足の靴のソールが剥がれてきたのです。とりあえず私が持参していた紐で応急処置。

8


上に行くにつれ、だんだんと急斜面になってきます。でも子供達は岩登りもスイスイと余裕です。

9


そしていよいよ最大の難所。滝のすぐ横を足を滑らせないよう慎重にしばらく登ります。子供達にこの後聞いたのですが、さすがにここは怖かったとか!

10


これくらいになると一安心。

11


上二股で少し休憩です。子供達にも緊張感がとれて少し疲れが・・・

12


更咲も水を補給。

13


ここまで来ると頂上まではあと少し。フーミンさん家族はマイペースのパパを待ちます。

14


そしてマイペースのパパが余裕で登ってきました。(笑)

15


最後のひと踏んばり!

16


11時30分、全員頂上に到着。登り4時間でした。小学4年生と6年生、よく頑張りました。一般の登山者達からも「何年生?あの沢登ってきたの?凄い!」と、何回声をかけられたでしょうね!

17


私は頂上で塩分を補給。熱中症対策です!(笑)

18


頂上に着いた頃は、従兄の長男の靴は両方ソールが剥がれてしまいました。応急処置もむなしく、この後ソールを外して下山です。

19


頂上で休憩して子供達はまた元気に歩きます。

20


下りは馬の背の尾根歩き。登ったり降りたりの繰返しで結構大変です。

21


熊見峠を過ぎて最後の急斜面を下る頃には空が晴れてきました。

22


林道到着。かなり疲れた模様・・・小学6年生の二人は来年中学に入学すると部活が忙しくなるのでもう登山はできないかも?

23


15時45分登山口到着。下り3時間30分かかりました。私には子供達と遊び、楽しくてとても良い思い出登山になりましたが、子供達にははたしてどうだったかな?(苦笑)