1


1月2〜3日、山岳会の先輩二人と正月山行で札幌岳に行ってきました。本当は北大雪に行く予定でしたが、テント泊まりより小屋泊まりの方が楽なので急きょ変更したのです。

2


今年はここも雪が少なく、沢筋を歩くのは所々難儀します。もし沢に落ちたら冬は冷た過ぎますよね!(苦笑)

3


2時間ほどで冷水小屋に到着。とりあえず寝袋や食糧等必要のないものを小屋に置いて頂上を目指します。

4


小屋から上はラッセルの世界。でもヒマラヤ帰りの先輩達は元気がいいのです。私はかなり楽をさせてもらいました。(笑)

5


稜線にとりつくと風が強くて超寒く、顔が凍傷になりそうでした。
それでも昨年11月に新しく購入したGPSで頂上方向を確認します。

6


顔は冷たい手はしゃっこい、何度も途中で心が折れそうになりましたが、登り始めて4時間程で頂上に到着。そしてさっさと戻らないと強風のため歩いてきたトレースが消えそうなのです。

7


下りはスキーなので早いです。頂上から30分程で冷水小屋に着きました。ここは北海学園大学の山岳部が管理している小屋ですが、この日は現役の山岳部員が一人居ました。ちなみに向かって左側のT野先輩はOBです。冬山の小屋はありがたいですね!

8


I先輩が薪ストーブの上でカレーを作ってくれました。

9


ごはんもストーブの上で。完璧に炊けています。カレーライスはもちろん大変美味しかったですよ!

私達の後から私と同世代の男二人組が来て、最近冬山を始めたとか。こんな楽しい世界があったのに何故今までやらなかったか悔やんでいましたね!

まあ、なんだかんだと現役山岳部大学生も含めてお酒を飲みながら深夜まで山談話。楽しい夜でした。

10


翌朝、薪運びを終わらせ、出発前に大学生に写してもらいました。さて今度は音江山かな?それにしても山だけもっと雪が降ってもらいたいものです。

11


OREGON650TCJでとったログ。今まで使っていたGPSではここの沢筋は電波を受信できませんでしたが、完璧です。でもGPSに頼り過ぎてはいけませんね!(苦笑)