1


知床縦走シリーズもこれでおしまい。知円別岳あたりから景色がガラッと変わります。

24


2


ここから硫黄山にかけては火山帯。痩せ尾根を歩きます。

3


荷物が重いので足を滑らさないように慎重に歩きます。

4


振り返ると遠くには羅臼岳。

5


さらにがれ場を進み・・・

6


奇妙な形をした岩もありました。

7


キムさん、素晴らしい景色に圧倒され続け、なかなか足が進みません!

8


さらに進むとまたまた雪渓がありました。写真ではよくわかりませんが、急斜面には階段らしき跡が見えます。あそこを登るんだなと思いながら・・・

9


ここで雪をほじって飲み水を補給し、トラバースします。

10


階段らしき跡は熊の大きな足跡でした。比較するものがありませんが
かなりの大きな足跡で、前爪の跡がしっかりアイゼンのように雪に食い込んでいました。熊はこんな急斜面も直登できるようです。

13


修羅場を過ぎるといよいよ目の前に硫黄山の頂上が見えてきました。

12


やっと見つけた知床スミレ。ここでしか見る事ができません。

14


15


そして硫黄山頂上。14時に到着したので三ツ峰から歩きだしてちょうど8時間。

16


羅臼岳からの知床半島の絶景を見ながら、よくぞまあここまで重たい荷物を背負って歩いて来たなって感じです。

17


そしていよいよ下山。時間的にかなり厳しくなっているので私達以外の人はもういません!

18


硫黄山の下りは延々と雪渓が続きます。道産子ならかえって早く歩けるのですが、雪渓が苦手で靴も壊れているY美さんのペースに合わせます。

19


しばらく歩いていると、前を歩いていたM中さんが左奥の方に黒い動くもの発見。この写真はメンバーの方のFBから拝借です。

20


私達に気づき、いったん斜面を登ったのですが、登り切れずに降りてきて、しばらくはにらみ合い・・・緊張の場面でした。

21


熊を刺激しないように全員で固まって歩き、難を乗り越えました。

22


暗くなると熊が動き出すので、その前になんとか下山したいと思っていたので林道が見えてきた時には一安心。でもすっかり夕暮れです。

23


18時20分到着。朝歩きだして12時間以上が経過していました。はい、ちなみにここを通るのには道路使用許可をちゃんととっていますよ!(笑)

やっぱり秘境知床は最高です!