1


日曜日の朝の事。浜益の友人Kっち君からルッツが上がってきたと連絡が入り急遽浜益へ。
ルッツとは知る人ぞ知る幻の食べ物。学名はユムシでミミズの仲間だとか。

海が超大時化になった一年に一度あるかないかの確率で波とともにナマコやタコも一緒に浜益の一部の浜に打ち上げられます。
さらにはそれが日曜日で獲りに行けるチャンスは私にとって、15年以上ぶりでした。

浜に到着すると大勢の地元の人達で賑わっています。

2


早速胴付きを履いて拾いに行きました。時折大波が来て頭から海水を被ることもありますが獲るのはやっぱり楽しい。

3


これはKっち君が二回目に拾いに行った成果。手前の白いのはバラバラになったタコの足です。

4


獲るのは楽しいですが、下ごしらえは大変。友人の浜小屋で皆と一緒に数時間下ごしらえをしました。

5

切る前

6


両側を切って内臓を出します。 こんな事を数時間やらなければなりません!はっきり言って嫌です。(笑)

7


その後退避させていた友人のモーターボートを岸壁に戻す作業も手伝ってきました。海が大時化になると浜の人達は何かと大変です。

8


そして月曜日の朝のお弁当を作りながらのまかない飯のおかずは、ルッツの刺身とナマコ酢でした。見た目グロいけれど美味いですよ!(笑)