久しぶりに更新。

景気良かった今から20年程前の同僚と、その家族での旅行。なぜか長さが1km位ある青函連絡船。そろそろ函館が近くなってきたので後部座席の皆がいるところに戻ろうと甲板の上を前から後ろに走るが、向い風が強くて全く進みません。

そこで地下に潜る事に。ところが迷路みたいな所を散々迷ったあげく、最後に緩くて長い道と急だけれど近い道の二者択一。

焦っていた私は急な方を選んで最初は調子よく登っていたが、だんだんと険しくなり、最後は前にも後ろにも動けなくなって、「助けてくれ!」と叫び、そこで目が覚めました。


長くなりましたが先週初めに見た夢です。心の奥の何処かに潜んでいる、過去と今の現状のような夢かも?(苦笑)

1


「冬山に登っているのでこんな平地では!」と、高飛車な気持ちが、滑って転んで大分県。自信、雷、火事、オヤジはやっぱりいけませんね!(苦笑)

2


今年に入ってどういう訳か、内科、眼科、整形外科と病院代がとってもかかります。
ああ、もったいない!(>_<)