1


19日土曜日の15時30分自宅を出発。20時30分斜里町朱円に到着。3人用のテントで5人で寝ましたが、暖かくて快適でした。この夜は3月も半ばを過ぎたと言うのに車のドアが凍りついて開かないほど寒い夜だったのです。

2


メンバーは山岳会のI籐さん、T野さん、T美さん、そしてY穂さんと私の5名。午前6時30分出発です。

3


ここは少し歩くと鹿よけの柵があります。そしてこの柵をスキーを脱いで乗り越えないとならないのです。脚の短い人は大変!(苦笑)

4


しばらくは樹林帯の中を歩きます。なので所々に標識をつけないとわからなくなります。

5


森林限界を超えると一瞬天気は良く・・・

6


振り返ると下界の景色も見えたのですがこの後すぐ天気は急変!オホーツク海からの強風と、ガスがかかって視界が悪くなりました。

9


なので標高1419.3mの山ですが、800mちょいの所でこの日の頂上。危険なので無理はしません!常に安全第一です。

10


ちなみにこれは私が私の山の師匠達と4年前に登った時の写真。上の写真とほぼ同じような位置からです。なので視界が悪いと方向が全くわからなくなってしまいます。

7


こんな凍てついた景色も・・・

8


晴れていると百名山の斜里岳がこんな風に見えるのです。

11


下山して海別温泉へ。

12


ここの温泉はお湯は素晴らしいし、65歳を過ぎると100円で入浴ができます。私も100円で入浴ができるまで健康管理に留意しないと!(苦笑)

13


温泉から出て斜里の道の駅で渡り蟹のトマトソースパスタを食べ、楽しく帰ってきました。

でも、ニュースを見た人は知っているかも知れませんが、この日、違うパーティー1組が同じ山に入っていて遭難したようです。私達が帰る時に近くに車が一台停まっていたのですが、その人達かも知れません?大変残念です!
と同時に、装備と知識と判断力と体力は山に登る以上、常に向上させないとならないですね。