1


先週末の事。ウインドウズのアップデートとソフトのアップデートをした翌朝、突然パソコンが調子悪くなり、仕事で使うソフトが動かなくなりました。

仕事ができなく一瞬困り果てましたが、ソフト会社の遠隔操作で直してくれました。話では聞いていましたが、便利って言うか凄い時代ですね!

2


さて、雪解けがどんどんと進む北海道ですが、我家のニンニク畑も先週末の土曜日、ようやく姿が見え始めました。生育は順調のようです。

この日は午前中は仕事でしたが、お昼は久しぶりにあった友人と海鮮丼を食べに行って近況報告・・・廻らない寿司屋さんには滅多に行けない私ですが、ランチメニューで700円で海鮮丼を食べられるとはビックリしました。

3


友人と別れてその後はSちゃん宅への宅急便で札幌へ・・・途中で立ち寄ったイベント!(苦笑)

4


会場に入るとまずはこの会社のキャンピングカー。カミさんの同僚も乗っていますが、カラーリングがカッコイイですね!

5


中型でもキャブコンはやっぱり中が広いです。

6


続いて定番のハイエース。普段乗りとキャンピングにと1台でオッケーですね!

7


これだと6〜7名でも楽に大宴会ができますね!夢がもてる!

8


タウンエースがベースのキャブコン。これも最近よく見ます。二人旅なら快適そう。

9


さらにはこうなると普段乗りも快適ですね!

10


アウトドア志向の私には、こういう豪華な装備は全くいりません!こういうのを志向する人はたぶん一度か二度使ったらもうキャンピング生活をやらないでしょうね!

11


こちらは4ナンバーでよく見かける、カバ君も乗っているハイエースのキャンピングカーバージョン。

12


この車はハイルーフではないのでこのままでは立って料理ができませんが、なかなか良くできていて、床の蓋を外すと立てるし、水抜きが付いているので釣った魚を入れる事もできます。

正直、この車にしばらくはまりました。だいたい屋根が開くタイプは古くなると寒い北海道では何かと不安です。

13


最初のうちはどれもこれもいいなと思っていましたが、見ているうちにだんだんと目が肥えてきて、自分に合う物が限られてきました。

14


キャブコンならまだいいのですが、ハイエースなら常設ベットがあるとかなり狭くなります。家族や友人達を連れて大宴会が夢の私ですが、性格がマメなので、片付けてベットを作る手間は気になりません。この10年以上キャンピングカー生活をしている山の師匠の教えでもあります。

15


そして後ろがオープンでないとスキー等大きい物の出し入れが大変です。なおかつキッチン等の水回りが後ろにあると、汚れた山の道具や、釣った魚等も洗いやすいですね!(笑)

16


結果、自分にとって最高の一台がこれ!。ディーゼルエンジン4WD。断熱材も入って・・・

17


この装備!完璧です。でも現実に帰ると宝くじでも当たらないと購入は遠いなぁ〜!

そうだ、器用なS男ちゃんなら作れる!(笑)