13


今年のGW山行は美瑛富士。トレーニング不足と暑さで約20kg弱の荷物を背負って宿泊場所まで5時間歩きましたがヘロヘロでした。

1


自宅出発朝5時。そして7時に登山開始。最初のうちはしばらく林道歩きです。


2


樹林帯をぬけると山が見えてきます。

3


森林限界から見る十勝岳。

4


この日は天気も良く、下界の景色もはっきりみえます。ただ急に温度が高くなったので、暑くて体がついていきません

5


そして風が出てくると雪面が凍って固くなってきます。重い荷物を背負っているとバランスをとるのが難しい。転倒すると間違いなくかなり滑り落ちます。なので一歩一歩慎重に。

6


約2時間の長い長い地獄のようなトラバースをして・・・

7


やっと見えた宿泊ホテル。女性が一人いたのでこの日はスイートルームです!(^_^;)

8


入口を掘り起こし・・・

9


私は日が入るよう窓を開けました。

10


結露がひどいので中にテントを張りました。これで風と寒さの影響はかなり違いT美さん嬉しそう!(笑)

11


宿泊の準備が整い、美瑛富士の山頂へ。つぼ足で行きました。

12


遠くにはニペソツ山も見えて素晴らし景色ですが、疲れはてて気力がほどんどありません!

14


そして6時間かかって頂上。やっとやっとです。美瑛富士の頂上から見る十勝岳。遠くには富良野岳も見えます。

15


そして下山。本当の目的は正面に見えるオプタテシケ山ですが、ここからまだ3時間程かかるので、翌日天気が良ければ挑戦の予定にしました。

16


途中、歩くのが面倒になってしまったのか、突然尻滑りしだしたT美さん!

17


山岳会の先輩で山の巨匠が晩飯を作ってくれました。「ごはんの炊き方は気圧の低い所では普通の炊き方ではしんが残るので煮るように炊け!」とT美さんに伝授!

18


私のディナー。そして午後7時頃疲れ果てて爆睡!

19


翌朝は雨と強風のためオプタテ山は諦めさっさと下山する事に。実はこの少し前までは完全なるホワイトアウトでした。

雨風で雪面はガリガリ君です。転倒しないように慎重に下山。

20


途中、所々ハイマツ帯につかまり悪戦苦闘。

21


下山開始して約2時間。夏の登山口まで降りて一安心
登山開始からリックが壊れたり、靴はインナーブーツが腐ってきているし、下山開始にスキーの金具が壊れたり等のトラブルと、体力不足が大変気になった今年のGW登山となりました。

古い道具は辛抱してないで取り替えないと命取りになるかも?(苦笑)