1


GW前半戦は自宅を2時30分スタート、山岳会メンバーと7時30分発の2便に乗り利尻島へ。海岸線を走っている時は島が全然見えなかったのですが、島に近づくと姿を現してくれました。

2


島に到着し、昨年も使ったキャンプ場にテントを設営。温泉もすぐ近くにあり、山も海も見える綺麗なキャンプ場です。冬はスキー場なのかな?

3


天気も良いので島一周に出発。ここではレギュラーガソリンより軽油の方が高いのです。

4


寝熊の岩。

5


白い恋人。残念ながら山は見えません。

6


天気が良いと、こんな風に見えるのですが・・・

7


姫沼ではまた山が見えました。風がもう少しなければ逆さ利尻山を・・・

8


フェリーターミナルで昆布ラーメンを食べ、下山して来た人から情報を入手し、テントに戻って翌日の戦略をたてながら昼酒。贅沢な時間です。

9


酔いもまわりメインディッシュ。キャンプにコンロの風除けは必需品です。

10


お腹一杯食べて歩いてセコマのトイレに行き、20時には爆睡。

11


4時起床、5時朝食。山登り前の朝食はうどんが定番メニュー。

12


6時登山開始。

13


甘露水の所から登山道を外れ、沢に入ります。

14


沢の途中でスキーを履き、二股で右の沢に進みました。この先に見える壁をどこから攻めるか悩みましたが、結論は「急がば周れ!」です。

15


急斜面の途中で休憩。振り返ると絶景が。

16


さらにスキーでは限界に近い急斜面を登り・・・

17


稜線にとりついて少し歩き途中でスキーをデポ。ここからつぼ足で歩きますが暖かいので足がぬかり悪戦苦闘。もう少し先までスキーを使えばこの日は良かったかも。

18


稜線から見える礼文島。

19


そして長官山手前から見える頂上。迫力があります。

20


長官山を過ぎ、アイゼンとハーネスを装着、そしてヘルメットをかぶりました。

21


核心部では空に虹が・・・天気が悪くなる兆候かも?

22


雪が柔らかく想像よりは楽勝。

23


頂上直下でA子さん。初めての利尻山が雪山です。

24


12時30分、全員が頂上に到着。本当の頂上はもう少しだけ先ですが・・・12時45分下山開始。

25


スキーをデポした急斜面の上から御年72歳の巨匠はスキーであっという間に下山。流石です。動画撮影が間に合わなかったのが悔しい!

26


T美さんだけは何故か少し歩けばぬかります!(笑)

27


下の方でもぬかり悪戦苦闘。私も途中笹のトンネルにスキーがひっかかり大変な目に!

28


登山口に近づく頃は喉がカラカラ。私はポカリスエットと一本とお湯を500mi持っていたのですが、水が足りなくなった登山は初めてかも?

29


16時30分下山。登り6時間半、下り4時間かかりました。大きい山だと条件で登山時間は大きく変わります。温泉で汗を流して安着。

30


メイン料理を食べて20時には睡眠。

31


T美さんの誕生日だった令和元年初日の朝は残り物で朝食を食べ、片付けて8時50分発の一便に乗るのにフェリーターミナルへ。時間が早いのでお散歩。

32


稚内の副港市場でお買い物をし、帰路へ。抜海過ぎから見えた利尻山。

33


天塩でお昼ごはん。

34


平成最後を締めくくる利尻山登山は素晴らしかった。そしてしじみラーメンは美味かった。16時帰宅。