今日の睡眠前

日々の日記です。

車、バイク、自転車

冬支度

ラスト


冬支度に追われたこの週末。次から次へと雪が降る前にやる事がいっぱいです。
思うようにいかず、だんだんイライラしてきて・・・

こいつも今年は本当に最後にしようと思い、三段の滝までちょっとひとっ走り。


滝


すっかり葉もほとんど落ちてしまい、雪虫だらけ。
何と言ってもバイクはもう寒いです。

明日の11月から保険も小さくして、マジ今年は終わりにしよう。
マフラーもノーマルに戻さなきゃ・・・

ラストツーリング?

雨


週末の夜、社長業の友人に誘われ超久しぶりに三楽街へ・・・積もる話が沢山あったのです。
廻っていないお寿司屋さんにも久しぶりに行きました。(苦笑)

日曜日の夜には東京に行かなければならない友人は、出張慣れはしているとは言え、体力的にはきつかったと思います。(お酒の量をコントロールしていたかな?)

私は日曜日、今月末からアメリカに出張するのでしばらく日本を離れるカバ君と、今年のラストツーリングの約束があったにもかかわらず、若い女性がいるお店に行くと、雨と言う天気予報についつい油断したのか、飲み過ぎてしまいました。(なんか酔いながら更新すると長いなぁ〜(苦笑))

結論を言うと、男と言う者は、いくつになっても進歩しませんね!(笑)

しかし、いつもよりはちょっと遅いのですが、朝起きると想定外で外が晴れているのです。(汗)
あわててカバ君に電話すると、「今日はいけるかも?」との返事・・・

早速支度を始めたのですが、突然天気予報通り雨が・・・しかも激しい雨なのです。
とりあえずカバ君と連絡を取り合い、お昼位まで家で待機と言う事に・・・

お昼になり、雨も上がってさて出発となったのですが、カバ君から連絡があり、家の前はどしゃ降りとの事。カバ君の家の方角を見ると、確かに空は真っ黒で雨が降っています。
これでは残念ながら仕方がありません。カバ君はくじけてリタイアです。(笑)

河川敷


そこで私一人で出発する事に・・・。
午後になってしまい時間もないので、増毛経由浜益の走行を考えたのですが、家を出て10分もしないうちに雨が降り出してきました。
増毛方面の空を見ると、やはり雨が降っているのもわかります。

しかし、ここで私は自分の考えの愚かさに気づいたのです。(苦笑)

車は目的地に行く手段。でもバイクの場合、目的地は何処でもいいのです。ただ走れれば・・・

空


南西の空を見ると青空が見えます。そう、この青空に向かって走ればいいのです。

しかし、風が強くて何回も倒されそうになり悪戦苦闘・・・でも、それも楽しい。(苦笑)

紅葉


月形から厚田に抜けたのですが、針葉樹と広葉樹のコントラストで紅葉がとっても綺麗です。
ピンネシリの山をはじめ、樺戸連山がはっきりと見えます。

落葉


でも、道端のこんな落ち葉を見ると、「もうすぐ雪化粧だろうな?」と、晩秋を感じてしまいます。


芝


走りながらこんな風景を見ると、商売柄なのか、ついついバイクを止めて観察してしまいます。
芝の育成がとっても綺麗でした。


ルーフボックス


午後3時過ぎに友人の浜小屋に到着。

早くこのルーフボックスを片付けないと怒られそうなので、11月のたった一週間程しかない旬のハタハタを食べに来た時に片付けようと思います。

それまでどうかご勘弁を・・・(笑)



雨模様

羽幌


カミさんの機嫌取りと天気に恵まれず、今年は走行ノルマが厳しくなってきたバイクツーリング。
時期的にはあと一月しかありませんが、ノルマ達成までまだ1000km程走らなければなりません!(苦笑) 

と言う事で、半日程度の時間かできれば昼飯を食べに行きたくなる、いつもの羽幌へ・・・。(笑)


海鮮丼


この日は1300円の海鮮丼に大きな海老が一匹ついていました。さすが海老の街、羽幌・・・。
でも、Tちゃんのように海老のアレルギーがある人は絶対食べられませんね!(苦笑)


苫前


お腹も一杯になったところで、海岸線を南下して浜益の浜小屋を目指そうと思ったのですが、走り出してすぐの苫前あたりで雲行きが怪しくなってきたのです。

国道の交通情報標識には、留萌地方に雷注意報がでています。


雨雲


小平まで行くと留萌の街が見えるのですが、白く雨が降っているのがわかります。

街を過ぎれば晴れているのが見えるのですが・・・

根性のない軟弱な私は、ここで留萌には行かず迂回して帰路に・・・(苦笑)

ツーリング

マルシェ


土曜日の夜はヒロ、テルと言った同級生の友人と久しぶりに飲み会をしました。
この二人と私の三人が揃うと、学生時代は女子の多い西高の当時は女の子だった女性達から、工業の土木科三羽鳥と言われていたのです。(クレームくるかな・・・(笑))

これに同級生の女性も加わり・・・結果、明け方までと言う超夜更かしをしてしまいました。(苦笑)

翌朝眠たくてすっかりスタートが遅くなってしまった久しぶりのツーリング。
でも、半日もあれば、北方面なら、滝川→留萌→羽幌→幌加内→滝川。南方面なら滝川→夕張→三笠→芦別→滝川。東方面なら滝川→富良野→美瑛→旭川→滝川と言う私のお気に入りルートがあります。
ちなみに西方面の浜益は距離的には一番近いのですが、意思の弱い私は浜小屋の引力に引っ張られ、日帰りは無理なのです。(笑)

今回はしばらく行っていなかった東方面になんとなく行く事にしました。
途中ヨコちゃんの家の前附近を通ると丁度車を洗っていたので立寄り、その後一人より二人の方が楽しいと思い、一か八か赤平在住のカバ君の家に寄ってみると、またまた家の前で車を洗っていました。車好きの男は皆、天気が良いと洗車をするものなのですね。(笑)

カバ君と二人で赤平を出発。しかし少し走ると天気の様子が変わり、芦別に入るあたりで前を見ると結構な雨が降っているのです。
停車して、二人で少し行くのをためらったのですが、滅多にないチャンスなので進む事にしました。
軟弱ライダーの私は、一人ならたぶん引き返したでしょう・・・(苦笑)

とりあえず富良野マルシェへ。さすが富良野。ラベンダーが終わっても観光客で賑わっています。


マルシェ2


しかし、雨はさらに強くなり皆さん雨宿り・・・

私もカバ君も出発の快晴に油断して合羽もタオルも持っていません。まったくの無防備です。

カレー屋


とりあえず、雨の様子を見ながら飯を食べよう・・・と言う事に。
富良野はカレーが有名なお店が沢山ありますが、私は普段食事と言うと、1にも2にもラーメン、3、4が寿司、5にオムライス、6にかつ丼、そして7でやっとカレーなのです。
でも、せっかくの富良野なのでカレーにしました。
いつもは富良野でもほとんどラーメンです。(苦笑)

今回はまだ一度も行った事のなかった魔女のスプーンに行ってみました。

カレー


ルカレーとスープカレーのコラボのよくばりカレーを注文し、ルーのトッピングは納豆です。
なかなかカレーに納豆も合います。(笑)

青い池


カレーも食べ終え、雨が上がってきたので美瑛方面にスタート。
白銀温泉の近くにある青い池に立寄りました。

真中に見える十勝岳に誘われ・・・

望岳台


望岳台へ到着。ここまで来ると、バイクの運転は寒くなります。
山を見ると、やっぱり山に登りたくなってきますね。そろそろ秋のシーズン。

シワシワ


その後、旭川のバイクショップに立寄り帰路へ。
深川あたりでまたまた大雨にやられパンツまでびしょ濡れになってしまいました。
着ていた綿のブルゾンはヨレヨレに・・・

アイロンで直るかなぁ〜?


ツーリング2

雨


昨日の続き・・・

朝起きると天気予報通り結構な雨が降っていました。バイクだと憂鬱になりますね。
まあ行きは晴れたので昨年よりはマシですが・・・。

市販車では最高級のウルトラに乗っている人は、停車した時以外は雨に濡れないし、おまけにグリップをはじめ下にもヒーターがついているので快適なのですが、ハーレーと言ってもピンからキリまであるので、私のバイクでは一瞬でズブ濡れになってしまいます。(涙)

ウルトラ


ちなみにウルトラってこんなバイク。まったく同じのが後ろに写っていますが、なんと夫婦でバイクから着るものまですべてオソロ。
これだけ仮装すると1台500万円以上はすると思われるのでそれが2台・・・恐れ入ります。(苦笑)

ウトロ道の駅


ウトロの道の駅で各車燃料を満タンにするまで待機です。行儀良く並ばないと他の人に迷惑をかけてしまいますよね。

小清水


昨年はどしゃ降りだった小清水の道の駅までくると少し路面は乾いていました。
バイクだと路面が乾いているのと濡れているのでは、全然気の使い方が違います。

サイクリング


ちょうどこの日、オホーツク街道ではサイクリングのイベントが行われていました。
1000名以上参加して往復212km走るのです。これも面白そうです。
自転車は大好きなのでもう少し歳をとったら参加してみたいなぁ〜(笑)

少し応援してこの場を出発・・・

ラーメン


昼食は常呂町のお店で食べた、新御当地名物ホタテの貝柱塩ラーメン850円。
チャーシューの代わりにホタテの貝柱が2個入っている逸品?

やっぱり昨年食べたオホーツク塩焼きそばにすれば良かったと少し後悔しました。(笑)

上川


解散場所である上川の国道縁にある・・・あれっ?なんだったっけ?
まあとにかく事故もなく無事に皆さん到着しました。なんとなく皆さんホットしています。
ここで合羽を脱ぎ、ショップの社長が挨拶を済ませ各自解散。
ほとんどが旭川の人なので、よそ者の私にとっては、皆さんに会うのはまた1年後だと思います。

resize1200


家に到着すると、私のバイクはコタコタ。とりあえず泥と塩を落とす為に水洗いだけはしました。

走行距離784.3km、給油量35.11ℓ、燃費リッター当たり22.3ℓ、排気量1480cc

バイクってなかなかエコでしょう!(笑)





ツーリング

集合


今年も昨年に続き、バイクショップの知床ツーリングに誘われ、参加してきました。
朝7時、家を出る時は曇り空だったのですが、高速道路に乗って10分位経過すると雨が降り出したのです。
高速道路なので停まって合羽を着るわけにもいかず、結局集合場所に到着したときには、膝から下がびしょ濡れ。これから400km走らなければならないのに先が思いやられます。

丸瀬布


ハーレー28台、今年は走行順が決められていました。私は17番目。リーダーが「中高年のバイク事故が増えているので、気を付つけよう!」という掛け声で8時30分出発です。
前後にロードキングに挟まれてのスタート。旭川を出発し、途中浮島あたりではガスと霧雨という悪条件でしたが、白滝あたりから天気が良くなり、丸瀬布の道の駅に到着した頃には、すっかり快晴になりました。

開陽台


途中、美幌市内で昼食を食べ、快晴の美幌峠を下ったのですが、バイクから見る屈斜路湖の景色はまた違います。テンションが上がりコーナーをどんどん攻めます。(笑)
本州ライダーに大人気である、地平線の見える開陽台に到着して少し休憩。
バスで来ている観光客が、景色を見ないでバイクを見に来ます。(笑)

知床峠


美幌からは暑いので皮ジャンを脱いだのですが、さすがに知床峠は寒いだろうと羅臼の道の駅で皮ジャンを着ました。
ここの登りのコーナーは最高に面白かった。前後のロードキングと一緒に定年組のおじさんハーレーを何台か抜きました。(笑)

夕方5時半知床第一ホテルに到着。おっと、そろそろ会社に行く支度しないと・・・




下見

大雄寺


先週は突然の身内の不幸があって、すっかり生活のリズムが狂いました。
おまけにお通夜の時、私とカミさんと弟夫婦、そして施主の布団が足りなくなり、ゴロ寝になってしまったのです。
北の湘南の言われている伊達市。北海道では一番温暖な所のはずなのですが、この日は寒い夜でした。
それにしてもこのお寺、伊達藩の由緒ある末寺で北海道ではこういうお寺は珍しいかも?

まあ、こういう事は仕方がないことですが、カミさん親族の不幸は久しぶりの事でした。
でも、こういう時に叔父や叔母あるいは従兄とゆっくり話をすることができます。

雨竜沼


週末は同僚達と会社の下でバーベキュー。そして2次会は我家となりました。12時間近く飲み続け昨日の日曜日は意気消沈。
それでも天気が良いので、来月従兄と登る約束をしているのですが、なかなか山開きが行われない雨竜沼の道路調査に出かけました。(笑)
噂では道路が崩落していると聞いたのです。

ダムからは通行止めかな?と思ったのですが、そうではありませんでした。

崩落


崩落現場は駐車場のすぐ手前。工事中でした。まあ普通の車が通行するには問題ないでしょう。

でもこの時期、山菜採りが多く来ているので、バイク走行は気をつけないと危険です。
山菜採りの人って横を重点に見ているので前をよく見ていません。
何回かぶつけられそうになりました。(苦笑)

行き止まり


第2駐車場の所で通行止め。車が4台ほど停まっていました。
登山者の車だと思うのですが、たぶん足場のない吊り橋を気をつけながら渡っているのでしょう。

この写真を撮影する僅かな時間でも、ブヨの大群が私を攻めてきます。本当に暑寒はブヨが多い。
対策をしないと山には絶対入れません。

登山口


登山口まで歩いてみると、なんとなく寂しくヒグマでも出て来そうな雰囲気ですが、この上は北海道の尾瀬。
この時期ですと花も景色も綺麗で、もうすぐ賑わうことでしょうね。

まず確認!

プジョー


S男ちゃんのポルシェには負けるが、私の通勤車両、仏メーカーのプジョーのママチャリ。(笑)
帰宅時は結構な雨だったので、本当か嘘か知らないが、大阪のおばちゃん御用達だとかの「さすべぇ〜」を今年初で使いました。
これだと、ポルシェのオープンカーに負けないくらい注目されます。(苦笑)

しかし、帰宅途中ヤマダ電機の前あたりで道路横断中、同業者のHさんに見られてちょっと照れました。(笑)

ロゴ


国産のママチャリとは違い、ポルシェには負けるが、気品が違います。かな?
こいつのお陰で、奥に見える私の車は5月1日から給油をしていません。
とってもガソリン代を節約してくれます。

しかし、先日わざわざ札幌まで行って購入した虫コロリ。昨日同僚が「あの殺虫剤、ダイエーの横のツルハに売っていたよ!」と言うのです。
私は、ホーマックに買いに行って商品がなかったので、隣の隣の隣くらいにあるツルハを確認したのです。
そこにも見当たらなくての札幌までの行動。
早速確認に行きました。すると同僚が言った通り同じものが売っているのです。(涙)

偶然にも友人の奥様に会い、「何買いに来たの?」と聞かれたので説明しました。
その奥様は、私のブログを見てくれているので話はよくわかってくれました。
そして最後に「ここのは100円高い!」と言ったのですが、「札幌までガソリン代をかけて行ったらもっと高いじゃないですか!」と言われてしまいました。(苦笑)

返す言葉もなく、そこのツルハは歩いても10分もかからないで行ける近い場所。
灯台下暗しではないですが、まずは近い所から確認しないとダメですね。

服


50歳過ぎたオッサンが、こんなにずぶ濡れになるまで頑張ってもなんにもなりません。
さすべぇ〜は、頭と顔は濡れませんが、お腹から下は完全に濡れてしまいます。

やっぱり合羽を常備しないと・・・

タコ

朝


土曜日の夕方から降り出した雨も、日曜日の朝には上がりました。
そんな朝に、エスプレッソコーヒーを飲みながらダービーの予想。私にはとっても優雅な朝です。

その後、今日こそウッドデッキの塗装をやろうと意気込んで始めたのですが・・・。

想定外の青空に気持ちはすっかり変わってしまったのです。(苦笑)

厚田


今年初めてのバイク走行ですが、後ろのバックに発泡のケースを入れて厚田に魚を仕入れに出かけてしまいました。一番のお目当ては春蝦蛄。(笑)

しかし、残念ながら蝦蛄は売っておらず、かと言っていくら安いからといって、カレイの箱買いとかをしても、バイクなので積む事はできません。
仮に積めたとしても、スーパーカブならともかく、私のバイクにはちょっとカッコ悪い。(苦笑)

結局せっかく行ったので、大きめのナメタカレイを2匹で800円で購入しました。

浜小屋


その後、気になっていた浜益の友人の浜小屋を見に行きました。
偶然にもちょうど友人がこの場所にいて、色々説明してくれました。
2階部分のウッドデッキとトイレを残してほぼ完成です。後は中の片付けのみ。

階段


お酒に酔うと危ないので階段の仕上がりが心配でしたが、予想よりはるかによくできていました。
全部手作りで流石です。これに手すりをつけるので完璧ですね。

石


ウッドデッキの水平調整には、前浜に転がっている自然石を使用していました。
この石の下の丸みのかかった部分で免震構造?になっています。(笑)

たこ


友人が冷凍庫を開けて、私に魚とイカをお土産に持たしてくれ別れたのですが、帰る途中、浜益と群別の間の坂の途中にある、植村さんのタコ屋さんが営業していたのです。
知る人ぞ知る有名なタコ屋さんなのですが、滅多に開いていません。

ここら辺りのタコ屋さんの中では、ここ以上に美味しい所はないと思います。
何せ港町留萌市からわざわざ買いに来る人もいるくらいのお店なのです。
タコ専門の漁師さんなのですが、絶妙な半生感の茹で具合は他では真似できないのでしょうね!。

私がお店の前にバイクを止めて中に入り、タコの頭の一番小さいのを注文すると、店のおばちゃんに「増毛に行って来たのかい?」と聞かれました。
そういえばこの日は増毛の海老祭りの日だったのです。

私は「いや、群別の・・・さんの家」と友人の名前を出すと、おばちゃんは、このタコの足をサービスしてくれました。浜益で何か買う時にはいつもこの手を使います。(笑)

それにしてもこのサービスしてくれたタコ足、私の購入した頭より価格が高いと思うのですが・・・。
これも友人の人柄なんだろうな!。

これで、山菜もあるし魚介類も揃ったのでしばらくはスーパーに行かなくても大丈夫。
美味しい物を食べながらも家計には大いに助かります。

で、ダービーの結果はと言うと毎度の事ですが見事に外れです。不良馬場を読みすぎました。

お金はいつもお金持ちの味方。私には縁がないようです。(苦笑)







オイル交換

XLR


今日から始まった秀岳荘のバーゲン。
本店に行ったり白石店に行ったりして私は自分の必要な物、そしてカミさんは両方の母の日のプレゼントを購入しました。

店長と少しの間お話しをしたのですが、世の中買い控えの傾向なので、どうなるのかな?と思っていたそうですが、近年の山ガールブームと、このたびの大震災で、アウトドアグッズが売れるのでしょうね。店内は凄い人でした。

確かに良い物は定価がそれなりにするので、10%オフでも結構な金額の差が出て来ます。
皆さん賢い!良い悪いは別にして、情報を自分から取れない人は損する時代になったのかも?

さて、先週末ネタでまだひっぱりますが、たまには男らしい?話題。
バイク歴4年目のかけだし者ですが、浜益の友人からずっと借りっぱなしのオフロードバイクを、初めてオイル交換に挑戦してみました。

XLR



オイルを吸い取る道具をセットして、まずは古いオイルを抜きました。
そして、オイルエレメントも交換です。

ところが、初めての経験だし、さすが素人、要領が悪い!。
オイルを抜くボルトを外した瞬間、手はオイルだらけになるし、エレメントを外したのはいいとして、バネとかの部品が出てきて組方がわかりません。

XLR


結局友人に電話をして、HELP(苦笑)、部品の順序を聞きながら取り替えました。
そして、新しいオイルを入れたのですが、量を確認するゲージにオイルが付きません。

必要な量は入っているはずなのに・・・。結局またまた友人に電話をして聞いてみると、「バイクをまっすぐに起こして計らないとだめ」と言われたのです。

ごもっともですね!(笑)

オイル交換をしたら、ギヤの入りが良くなったような感じかします。
これで赤平の友人と、今年は快適に林道を走れそう。

FXDL


ついでに、電装屋の友人に充電をお願いしていた鉄馬のバッテリーも、装着しました。

FXDL


約半年ぶりにエンジンを始動したのですが、やっぱり音と振動はたまりません!(笑)

GWは無理として、早く暖かくならないかな?

言い訳

雪先週末の帰宅時。
この時期にしては寒かったなぁ〜
日曜日はもっと凄かったですよね。
吹雪いているところもあった位ですから。

でも、2〜3日前から春らしく急に暖かくなってきましたね。
昨日は気温が12℃位まで上がったはず。

そんな中、図面片手に現地調査に行ってきました。
長靴の中には雪が入って靴下がべちゃべちゃになってしまいましたが、天気が良ければ仕事と言えども残雪期の山歩きは気持ちが良いものです。
本当は日曜日に晴れて欲しいのですが、残念ながらいつも天気があまり良くありませんね。

バッテリーさて、この暖かさで出没してきたライダー達。
でも、まだまだ寒いだろうな〜。

先日出張先のアメリカから帰って来た友人も、オフロードバイクを購入して走る準備中。
今年は、私も友人とオフロード中心かも?。
今までは一人でちょっとビビりながらの走行でしたが、今年からは安心です。

これは鉄馬のバッテリーですが、そろそろ充電をしなければなりません。
魚釣りの電動リールに使うバッテリーの充電器は持っているのですが、日本製のバッテリーとは若干電圧が違うらしいので、使用できないのです。

かと言ってアメリカ製専用の充電器を購入するお金がないので、電装会社を経営している友人に充電をいつも頼んでいます。
しかも無料(笑)。友人に感謝!。

バイクは車よりはエコだし、車の運転の何倍も注意力が必要なので危機管理能力を鍛え、ボケ防止にもなるのではないでしょうか。体力もそれなりに必要なので、メタポ対策にも良いと思います。

と、いつもカミさんに言い訳しているのですが・・・(笑)

試乗会

北央自動車更新ネタが後先になりましたが、↓新年会の朝、スキーの練習後に、東神楽町にある北央自動車学校に行ってきました。

この日は、私がバイクを購入したショップの試乗会が開催されていたのです。



ハーレー恐らく北海道では、冬場でもオートバイが乗れる室内の自動車学校は、ここにしかないと思われます。





コーススタッフが乗る先導車と、試乗車7台の合計8台でコース内を走ります。






883約4か月ぶりのバイクの運転なので、少し緊張します。

なので、一番最初に乗ったのは、運転しやすいハーレーの883にしました。




トライアンフ1そしてこの日の目的は、ハーレーではなく、イギリスのオートバイ、トライアンフ3台に試乗するのが目的でした。

まずは、一番排気量の少ない675CCのこのバイク。

しかし、油断と低速の感覚が私のバイクと全然違い、いきなりスタート時にエンスト・・・(汗)
カッコ悪くてちょっと恥ずかしかったです。(笑)
でもこのバイク、ロケットに乗っているような感じで面白かった。

トライアンフ2次に乗ったのは、このバイク。
これは、ハーレーに似ていて乗りやすかったです。

ちなみに、写真のアングルが悪いのは、知らない人が写らないように配慮したので、ご勘弁を。


トライアンフ3最後に乗ったのはこれ。

このたぐいのバイクは、ポジションも全然違うし、乗るのに緊張します。

ばんば馬の騎手がサラブレッドに乗るようなもの・・・。
思わず顔も引き締まります。(笑)


ハーレー歳をとってオートバイに乗るのは、脳を鍛えるDSトレーニングで有名な川島教授がHONDAと共同実験をして、海馬の働きを活発にさせ、若返り効果がある事を証明したとか。

確かに、緊張感と、注意力が車の運転では絶対ありえない程感じます。

やっぱり、少しの時間があれば楽しめるオートバイは楽しい。
雪解けが待ち遠しいな・・・。

ラストラン

1S氏と約束していた今年のラストラン。
しかし、残念ながらあいにくの天気で中止となりました。





2車庫の奥に移動し、バッテリーを外して、専用のシートは高くて買えないので、古カーテン等を利用して愛車を覆います。
しばらくエンジンの鼓動はおあずけ。春が待ち遠しいなぁ〜。






3と言うことで、急遽浜益の友人宅へ・・・。
気になっていた番屋本体の外観はほぼ出来上がっていました。
これから春にかけて、ゆっくりと中の造作が始まります。

サイクリング

1今年で3年目になった整骨院の先生と旭川までのサイクリング。
昨年まではK君の自転車を借りていたのですが、やはり自分の自転車が欲しくなるもの。
でもお金がないのでネットで購入した安物自転車でしばらくの間は我慢です。(笑)


2午後から雨の予報だったので少しでも早く出発したかったのですが、町内会のボランティア行事に参加したため、少し予定より遅れて先生宅を9時40分スタート。




3ふれあいの里の前を通り・・・






4妹背牛に行く橋を渡り自転車道へ。






5深川市内の河川敷を通過して・・・






6道道旭川深川線へ。






7納内を通過しサイクリングロードへ。






8しかし途中で落石のため通行止でした。






9しかたなく戻って国道12号線を通ることにしました。
この辺りで少し雨が降ってきたのですが、すぐ止んでラッキーです。





10トンネルは危なくて嫌だと思っていたところ、昔の道路が自転車道になっていたのです。
何回通っていても、車だと気が付きませんね。




11旭川市内へ入り






12きつい坂を登りきると、旭川市内が見えます。
いつも見慣れている景色ですが、自転車だと少し感動的な景色です。(笑)




13一条通りを走り市内へ向かいます。






14市内をきょろきょろしながら走り・・・






15ゴールの東光にある焼肉店へ14時チョイ過ぎ到着。
運動のあとの生ビールと焼肉は本当に美味いですね。
しかし、この頃雨は本降りに・・・





16先生がデザートに食べた生プリン。
帰りはホロ酔い気分で、先生の奥様の実家から車でラクチンです。
一年に一回の行事ですが、少しでも長く続けたいものです。
また来年!

期待

羽幌管改造内閣の顔ぶれが決まりました。
大臣のポストが変わって残念な人も数名いますが、今度こそ期待したいものです。
だいたい扶養家族がいない私のような家族では、せいぜい恩恵を受けられるのが、出歩くことの多い我家では高速道路の一部無料化による道路の使用くらいです。
私はこの件については反対なのですが、庶民の性というか、無料という言葉に弱くよく利用するようになりました。(笑)
海鮮丼今までは一年に一回行くか行かないかの羽幌。
高速道路を使用すると、1時間半もかからないで行くことができるのです。
そこで食べる1200円の海鮮丼。
バイクでオロロンラインを走るのも気持ちがよく、今年はすでに5回程行っています。(笑)

買い物一番上の写真はカミさんを初めて鉄馬の後ろに乗せ、オソロのヘルを被り行った時の写真です。
そしてその時購入した海産物。
生きの良いサザエが一個150円で買えたのはラッキーでした。
北海道で生きの良いサザエが低価格で購入できるのは珍しい事です。


貝必ずここに来たら買う大好物の小さいつぶ貝。
一袋これで250円位かな。





黄金岬帰りに寄った留萌の黄金岬。
30年位前の若い頃、よくいろんな人達と夜中に来ました。(笑)
ここの景色は私の中ではセピア色に染まっています。




炭焼きウッドデッキで炭火を起こし、サザエの壺焼き。
暑かった今年の夏は本当によくデッキを利用しました。





火傷しかしこの時初めてバイクの後ろに乗ったカミさん、ジーンズを履いていたのにもかかわらずマフラーに足をつけて火傷してしまいました。
今度は私と同じアイアンハートの生地の厚いジーンズを買うと息巻いています。
仕事も遊びも安全には注意力と装備が大切ですね。

話はすっかりそれてしまいましたが(笑)、なにはともあれ、目先の恩恵ではなく景気対策を期待したいものです。

エコ化?

駐輪場我社の一応駐輪場。
一番手前のが私のチャリですが、数が増えてきました。
我社もエコ化が進んでいるのかな?
先日の新聞で、建設業にはメタポ、あるいはメタポ予備軍が他産業に比べて多いと記載されていました。
その対策としても良いと思います。良い傾向ですね。
もっと数が増えれば面白いなぁ〜。

ぷらっと

朱鞠内湖こないだの日曜日、ぷらっと朱鞠内湖に行ってきました。
毎日毎日こんなに暑いと、ついつい涼しそうなイメージのある場所に行きたくなります。
まあ、今度の日曜日に幌加内で行われるそば祭りと冬のわかさぎ釣りの下見も兼ねてですが・・・(笑)


朱鞠内湖ところが私以外誰もいない展望台から朱鞠内湖を見ていると、なんとなく後ろが気になり涼しくなるのです。
私の背後にはダム工事の時に亡くなった人達の巨大な慰霊碑があります。
いてもたってもいられなくなりそそくさと退散!(笑)



オフロード友達が最近購入したオフロードバイク。
こういう場所は鉄馬より複数の人とオフロードバイクで行った方が楽しそうだ。

憧れ!

ゼロ1バイクの後ろを走っていた光岡自動車の「ゼロ1
「60歳を少し超えたかな?」と思う御夫婦が乗っていたのですが、なんとも言えないくらいカッコイイ。
エンジンはユーノスのを使っているので、メンテもバッチリだとか。



ゼロ1−2この車のオーナーさんとも、お酒を飲みながらお話しさせていただいたのですが、話も面白くソフトで感じの良い人でした。
この車、雨が降っている時はほろをかけますが、乗るのがとっても大変。でも、その不便さゆえ、個性が強くカッコイイのです。
何よりも、やっと車に乗っている奥様でしたが、その顔を見ると、とっても幸せそうな顔をしているのが印象的でした。

コクピットコクピットだって、とっても窮屈そう。これで何時間も乗っているのは疲れると思います。でも、バイクと同じで楽しいのだろうな?
将来、キャンピングカーにも憧れますが、こんな車にも乗りたいなと憧れます。
でも、今の政治を見ているとこのままでは・・・
現実的に「おそらく私は中古で購入した軽自動車でしょう!」

雨のツーリング

丸瀬布ショップの社長の奥様に誘われ、知床までツーリングに行ってきました。
鉄馬32台と4輪1台、ちなみに札幌ナンバーは私と他1台、あとは全員旭川ナンバーです。
一人で誰も知らない人の中に飛び込むのは、趣味の世界と言えどもちょっと緊張しますが、面白さも沢山あります。



護衛車そしてもう一台、この4tの護衛車です。
しかし、天気は朝からあいにくの雨模様。
上下の合羽と、ブーツカバーを装備し完全防備で家を出発しました。
途中、常呂町位までは雨が弱かったのですが・・・



小清水原生花園小清水原生花園のあたりではもうどしゃ降り。
バイクのシールドもヘルメットのシールドも、くもってしまって前が良く見えません。
路面のたわみとラインに注意しながら、前車のテールを頼りに、集中力と感で運転です。
(たわみには水がたまりハンドルがとられ、ラインは大変滑るので危険!)


第一ホテルウトロにある知床第一ホテルに到着した時は、全身ずぶ濡れ。
6人部屋に分かれ、まずは着ているものを全部干し、とりあえずお風呂で体を温めます。
鉄馬乗りなんて、お金持ちの道楽と思っている人もいるかも知れませんが、私のような、ごくごく普通のサラリーマンも沢山います。私の部屋では皆そんな人達で盛上り、初めての顔合わせと思えないくらい、バイク談話はもちろんの事、選挙や不景気の話から「給料いくらもらっている?」とか、ある人は「俺なんて、150回ローンで鉄馬を購入したから、支払いが終わったら定年だ!」なんて事、言い合いながらお酒が進み楽しい夜となりました。

でも、予報通り翌朝、やっぱり外は雨。知床峠での記念写真は諦め帰路へ。
結局、雨があたらなかったのは、帰りの北見周辺と上川から滝川の間だけ・・・。
でも、雨は色々と私に教えてくれたものもあります。
そして大勢で走るのも楽しかった。30年前を思い出します(笑)

しかし、参加した全員の思い・・・「鉄馬の洗車が大変だ!」


灼熱

林道灼熱だった週末。
金曜の夜、愉快な仲間達とガレージ焼肉を食べたのですが、気がつけば外が明るくなっていました。(笑)
これは「ヤバイ!」と思いながら寝たのですが、暑さで目が覚めてしまったのです。
海で泳ぐにはちょっと早いし、温水プールと言うのもいかがなもの。そこでこんな時は、風を感じるバイクで出かけることに。

土曜日はオフロードバイクに乗って、気になっていた林道の探索をしました。

てしおまたもや暑い日曜日は、3名のライダーにフラれて(笑)一人ツーリング。
滝川→留萌→羽幌→天塩→豊富→名寄→旭川→滝川と走行距離450km。先日のオフロードで200km位走行しましたので、二日間で650km走りました。


ちなみに250ccのオフロードバイクの燃費はリッター当たり35km。
1580ccの鉄馬でも、リッター当たり20kmは走ってくれます。

海鮮丼途中羽幌の「北のにしんやさん」で食べた海鮮丼。
うに、あわび、そして金目鯛まで入っていて1300円は安いと思います。
海鮮丼なんて握りと違い、たいした手間もかからないので、某有名観光地でもこんな値段で提供できれば、北海道の観光地はもっと栄えると思いながら食べました。(笑)



かすべカミさんのお土産にと羽幌で購入した白つぶとカスベのほっぺ。
ところが夜勤でいなかったので私の夕食に。この両方で700円。
一日の食事代、しめて2000円。内容的には安いかも?






アイテム2

さすべえ昨日に続いて私的な安全管理?の話です。
昨年から通勤にはママチャリを使用しているのですが、雨が降ると予想される日は車で通勤しています。
でも少しぐらいの雨で車通勤とはなんとも情けないと日々感じていました。
当社には雨どころか厳冬期でも自転車で通勤する達人、M氏がいます。
先日の雨模様の日、M氏の自転車には傘が上手に収納されていました。聞くところによると、100円ショップとかで備品が売っているとの事でした。
でも、傘をさして片手で自転車を運転していると、おまわりさんに見つかったら怒られると私に教えてくれたのです。
そこで安全第一主義の私は、ネットでもっと良いアイテムがないか探してみたのです。
そして見つけて購入したこの商品「さすべえ」


さすべえ2普段はこのように傘をスマートに収納できます。






さすべえ3そして雨が降りだしたら瞬時に傘をこのように固定できます。
これなら、両手で自転車を運転できるので安全だし、おまわりさんにも怒られないと思います。
しかも価格は3360円と低価格。自家用車で1日通勤すると燃料代が約150円〜200円程かかるので、私の試算では20回程使用すれば元がとれる計算。
しかも世間の注目度は鉄馬以上!(笑)
でもこの「さすべえ」と言うネーミングを聞くと、私は懐かしい、このCMを思い出してしまいます。
おそらく考えたのは私と同じ世代の人ではないかと思います。

「君はさすべえを見たか!」なぁ〜んて(笑)

アイテム

Gパン鉄馬乗りには全身を革で覆われたおっさん達が多いのですが、真夏にはどうかと思います。
最近はだんだん目が肥えてきたのか、カジュアルに乗る方がカッコいいなと思ってきました。
そこで思い切って購入したジーンズ「アイアンハート
しかもデザインがストレートではなく女性が良く履いているブーツカット。

ダグバイク乗りこだわりのジーンズでして、転倒しても破れない程頑丈に作られています。
すそ上げするにも、普通のジーンズ屋さんにあるミシンでは針が折れてしまうので、東京の本社に送らなければなりません。
もっともポジションがあるので、しばらくはすそ上げはしませんが、10年以上は楽に履けるジーンズです。
私の年齢からすると一生物だと思います。

ブーツそれにこの春購入したカドヤの上げ底ツーリングブーツ。
上げ底にブーツカットのジーンズをいざ履いてみると、野口五郎を思い出しました。なんだか私鉄沿線を歌いたくなります(笑)
冗談はさておいて本当の目的は、上げ底によって私の短い足でも足つきが良くなり、丈夫な衣類を着ることによって、いざという場合安全度が増します。

安全設備には何事でもお金がかかるもの・・・。

士別

山荘Kさんに誘われるままに高速道路に乗ったのですが、ETCカードを忘れた私は通行券を貰って現金で支払いしなければなりません。しかし、バイクだと手袋を脱いだりはめたりと、これがなかなか面倒。そして料金は定価です!(涙)

士別ICで降りてすぐ到着したのは、しずお農場
そしてまず最初に向かったのがこのしずお山荘です。
実はここのオーナーであるIさんは、kさんの知人だったのです。
ここはIさんの自宅を改造して作った糠風呂。もちろん私は初めての経験です。
裸になり、加熱してある糠床の上に横になり、口以外の全身を糠で埋められます。
わかりやすく言えば、指宿温泉の砂風呂のようなもの。
15分間埋められているのですが、天然の温泉以上に温まります。

この牧場の名前を見ると私と同業の人はわかると思いますが、本体は建設業。
Iさんは業界でのソフトランディング事業の成功者であって、その道の超有名人。
TVや雑誌と言ったマスコミにも何回もとりあげられ、全国に講演依頼され飛び回っている凄い方なのです。
しばらく風呂上がりにお話しを聞かせて頂き・・・

ミューお腹が空いたので、隣にあるレストランに。
私の住む市内でも、サフォークを飼育している社長さんを2人知っていますが、ここは規模が違います。
ここのレストランは姪っ子の名前だそうで、凄いお洒落な店内で、宿泊施設もあります。
そして何よりも安くて美味しい。
kさんによると昼間なら1200円のランチが超おすすめ・・・。

赤ワイン煮これは私の食べたサフォークの赤ワイン煮です。
市内でもサフォークの食べられるお店はありますが、違います。





有機サラダ何よりも驚きなのは、自家製の有機野菜。こんな美味しい野菜を食べたのは初めてでした。
そして写真にはありませんが有機で作られたトマトジュース。
近隣の町村でも美味しいトマトジュースが作られていますが、はるかにそれを超えています。

ドライブにお勧めのポイントです。

これから始めるうちの畑もいつかはこんな野菜を作りたい・・・(笑)。

シーシーバー

FXDL鉄馬仲間のKさんが我が家に来てくれました。
Kさんは私と同じダイナーローライダーと言う車種に乗っているのですが、この冬、カスタムをかけたのです。
そしてノーマル時代に使用していた純正部品のシーシーバー(背もたれ)を破格の値段で譲ってくれました。
昨日はショップに行き、それを取付けるため我家まで迎えに来てくれたのです。

ライトそれにしてもこだわりのカスタムハーレーはカッコイイ。
色もさることながらこのライトの模様。
こんな所までさりげなくこだわっています。




シーシーバーで、シーシーバーを取付けた私の車両。
これで、タンデムができる。

中年ライダー二人は取付後、北へツーリング・・・

昨日の続き・・・

幌内愚痴になりますが、思うように進まない理想と現実のギャップに悩まされます。
仕事の話はさておき、昨日の続き。
4年前に私が担当して作った道路に行きました。
自分の作った道路を走れるなんて土木屋冥利につきます。
しかしバイクに乗っている人はわかると思いますが、路面に対して大変敏感になります。
道路の上にいる小さな虫まで目に入りますし、マンホールの蓋等の小さな段差でさえ気をつけなければなりません。
グルーピングの溝や切削した路面等もハンドルがとられるような気がして結構恐怖心が湧きます。
まあ、安全に対してそれだけ慎重になるという事ですけれど…。
言いたいことは4年間で随分と道路が傷んでいると思いました。
格上げになった道路であり、もともとは今の交通量に耐えれる道路ではないので仕方がないことなのですが、現実問題、こういう道路は交通量の変化のため沢山あるのです。
やっぱり改良や補修の道路工事は必要だ!
あれ?、いつのまにか仕事っぽい話に戻ってしまいました。(笑)
鳩山神社境内その後、これから始まる現場の安全を祈りに、今一番御利益のありそうな神社?へ参拝に行きました。
いつもはお賽銭10円しか入れないケチな私ですが
なにかしら100円を投入。




鳩山仁社これが神社入り口。






ねぎみそ最後に冷えきった体を温めるため、久しぶりに大鵬のねぎみそラーメン。
地元のネギしか使わない店主のこだわりです。
でも久しぶり見た店主の顔は年をとったような気が・・・。
このラーメン
ネギが大好物な浜益在住の親友に御馳走したい!(笑)

と、くだらないことを長々と書きましたが、諸事情があり少しの間更新を休みたいと思います。
ゴメンナサイ。

乗り収め

市道10月最後の日曜日。家の横の道路もすっかり秋深い景色となりました。
そろそろ少しずつ家の周りを片づけて冬に向けての準備をしなければなりません。
ちょうど家の横を片づけていた時、現場に行く途中のN課長補佐が通りました。
少しの間、仕事の話をして・・・
彼は日曜日も返上して現場に行きました。今日仕事している現場は多いでしょう。
その後また片付を行っていたのですが、天気が良くなるに連れてじっと家にいられなくなったのです。
夕張そうだ、もう乗り収めをしなければ・・・と、思い鉄馬に乗って出発。
車というものは、目的地がありそこに行くための乗り物ですが、バイクは行先はどこでもいいのです。ただ走ることさえできればいいのです。
で、向かった先は、とりあえず夕張。万字経由で行ったのですが峠が寒くて夕張市役所が見えた時は寒くて動けないくらいでした。

ながいも夕張はメロンだけでなくながいもの産地でもあります。
せっかく行ったので、旬のながいもとニンニクを購入。





デグナーデグナーのバックにしっかりと入りました。
ながいもとニンニクを積んで走る鉄馬は私くらいでしょう!(笑)





滝見台その後、紅葉山を通過し、もう紅葉が終わりぎみの滝見台へ。
夕張川の水は綺麗です。岐阜の木曽川に雰囲気が似ていると私は思います。
いまから10年以上前ですが、この近くでN課長補佐が夕張川の工事をしました。
遠い昔のよう…そして次なる地は・・・。眠たさとネタの小出しで明日にします。

鉄馬

1昨年のリーマンショックから、経済の再建に奔走しているオバマ政権を応援するため、今年の春鉄馬を購入しました。(笑)
しかし、今年は日曜日と言えばほとんど雨。
私が購入したショップで月一回開催されるツーリングも毎回中止でした。
今日朝は快晴。なんとかツーリングができるかなと、高速道路を飛ばして9時に旭川に到着です。
すでに数台来ていましたが、バイクを見るとほとんどがツーリング系の型式。
これだとやっぱり年齢は60歳前後の人が多いのです。

2ツーリングが6台、ソフティールが2台、そして私が乗っているダイナが2台の合計10台で出発。
今日は午後から雨の予報が入っているため、参加者が少ないようです。
それでも10台の重低音が響くエンジン音は迫力があります。
とりあえず旭川市内を抜け、カムイリンクスの入り口から新城を通って芦別の道の駅へ。
正直言ってオヤジの集まりだからノロノロと走るのかと思っていたのですが、走ってみるとビックリ。
チョイ悪オヤジどころか極悪オヤジです。
気合を入れないとついていけません!(笑)

3富良野のチーズ工房に到着。
しかしこんなオヤジばっかりでこんな所に来ても仕方がないのでは?
ここで、どこで昼食をとるか討論。




4富良野と言えば、とみ川ラーメン、支那虎ラーメン、唯我独尊のカレー、福寿司のジャンボ寿司等など色々と出てきたが、結局この人数で入れてバイクの停めれる所と言う事で小玉家の蕎麦に決まり。
久しぶりにこの店に来ました。ここは穴子天そばがお勧め。
それにしても皆グルメで美味しい店をよく知っている。



5駐車もバックが大変ですが余裕でできました。






6富良野から吹上温泉、十勝岳望岳台を通り白銀温泉を過ぎたあたりにある野菜の直販売場。
ここの60歳位の店主も鉄馬乗りの仲間だとか。





7私が気になったのは、ここの店主のフォークリフト。
しっかり矢沢永吉のロゴが書いてある。(笑)

雨になんとか濡れないで家に帰れると思ったのですが、あと家まで5分というところで、バケツをひっくり返したような雨。
ブーツの中はおろか全身びしょ濡れになってしまいました。後始末が大変。

今日、感じた事・・。
仕事を始め登山、お酒の強さ、バイク等、まだまだ団塊世代の人達にはかなわないなぁ〜!
どうしてあの世代の人達って元気なのだろう?

サイクリング2

コクピット昨年に続き、治療院の先生とサイクリングに行ってきました。

私は友人の会社に勤めるK君からクロスバイクを借りたのですが、コクピットを少し改良させてもらいGPSと収納するバックをハンドルに取付ました。


妹背牛築堤目的地は旭川の焼肉店「金花郎」です。
ルートは昨年と同じ予定だったのですが、稲田妹背牛線の石狩川に架かる橋を渡ると、築堤に自転車道路が整備されているのです。
しかも工事が終わったばかりのような状態で舗装面も綺麗です。
ここまで来るのに超アゲンストの風のため、くたくたになっていたのですが、景色も良いし元気がでてきました。

旭川深川線この自転車道で深川の市内もすべて通り過ぎ、運動公園まで行けました。
その後、旭川深川線を走行します。
ここは当社が数年前施工した道路。地元に寄付したバス停も健在です。
途中納内でアイスクリームを食べ少し休憩。
車に注意をしながら自転車を飛ばします。

サイクリングロードカムイコタン附近の景色はすばらしい。車では見られません。






旭西橋旭西橋が見えてきたらサイクリングロードの終点(起点)です。
すぐ横はウエスタン。





買物公園ここまで来ると、二人の頭の中は焼肉しかありません。
信号をできるだけ避け、市内でもスピードを上げます。





松坂牛お互い好みは少し違うのですが、片っぱしから食べたい物を注文です。
写真の奥、右側は松坂牛のカルビ。左側は松坂牛のなかおちです。
でもこの店は料金が安い。
それが理由かわかりませんが、超混んでいます。


焼肉やっぱり私はビールが最高。
運動した後の生ビール以上美味い飲み物はありません。





ログ写真をクリックすると見えますが、黄色線が走行ルートです。
走行距離61.1km、所要時間3時間47分(停止時間22分)
移動平均速度17.9km、最高速度40.3km
サイクリングは面白い!
でも今はお金がなくて自転車買えません・・・(涙)





安全第一!

ノーマル夜中の雷は凄かった。
私の寝床の上は天窓。上から「ピカッ」とした瞬間、「ゴーン〜」と地響きをしながらの爆音です。当然目が覚めてしまいましたが、そんな雷がかなりの時間続いたと思います。
おかげで今日は寝不足気味。

音と言えば最近新聞等にも掲載されていましたが、プリウスのエンジン音が静かすぎることにより、プリウスが近づいていることに関して視聴覚障害者に気づかれにくいことから、アメリカで擬似的な音を出すということを法律化するような法案が出ているというような記事が掲載されていました。

実際問題、プリウスはエンジン音が静かで、健常者であっても近づいていることが気づきずらく、子供等がぶつかってくるらしいのです。
これからの高齢化社会、耳が遠い人がどんどん増えていくなかで、ハイブリット車も増えていくのだからきっと事故は増えると予想されます。

シガーでは、バイクはどうか。
日本のバイクの騒音規制は世界的にみても大変厳しいようで、ノーマルだと意外と静かなのです。
車を運転していると、後ろや横にいても気づかなく、ヒヤッとした経験もあります。
もちろんバイクの運転もその事を踏まえ、車との間合いを考えて走行しなければ危険です。
そして、エンジン音を少しだけ大きくすれば、車の運転手にも気づいてもらえるので安全度は増すと思うのです。(笑)

なにはともあれ安全第一!

それにしてもあの雷音に気づくこともなく爆睡していたカミさんは信じられない。
こういう人の運転が一番危険!(笑)

投票日

トレイクまたもや友人のブログから写真を勝手に拝借。
怒らないでください!(笑)
6月の末位に、パーキングエリアで撮影したものらしいです。

それにしてもこの圧倒的な存在感があるトレイク(三輪バイク)
隣のFL系ハーレーが小さく見えます。
排気量は4000ccだとか・・・。

このトレイクのオーナーさんの年齢は60歳代だそうで、足元のスピーカーから永ちゃんの曲が「ガンガン」流れていたようで、チョイ悪オヤジというか、かなりイケてるおじさんだと思います。
こういう方の人生観を聞いてみたい・・・。

トレイク2永ちゃんも確か今年60歳になると思うのですが、今の60歳代の人達っていうのは、私達の世代にはない度胸と感性を持っており、永ちゃんとかの有名人だけではなく、私の周りにも魅力ある人達が沢山います。

そういう人達が順番に仕事をリタイヤしていくのは寂しい気もしますが、これは仕方がないこと・・・。
このトレイクのオーナーさんのように、リタイヤ後は趣味に没頭したり、孫などの家族に囲まれながら老後を過ごせるのが最高の人生だと思います。

さて明日はいよいよ衆議院総選挙の投票日。

私は事前に候補者達の討論会を見に行って判断し、投票する人は決めています。
マスコミの上辺だけの報道や世論に惑わされないように正しい判断をして投票をしなければ、私達の世代、あるいは私より後の世代の人達は安心して過ごせる老後が望めないかも知れません。

息を引き取る時に、「人生は楽しかったな!」と、ちょっとだけニヤッっとして終わらせるのが私の理想です。

そのためにも「日本を守る、責任力。」のある政党と候補者に投票しなければなりません。


プロフィール

まあどん

livedoor 天気
記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ