今日の睡眠前

日々の日記です。

旅行

釧路まで

1



近年この時期、道東に仕入れに行く口ばしが黄色くて背が盛り上がっている秋刀魚。仕事が終わって出発するので、夕食はいつも富良野の支那虎さん!

2



今までは恋問の道の駅で車中泊をしていましたが、道東道が阿寒まで延びたので、無料区間が始まる本別町の道の駅で車中泊をしました。

3



朝起きて1時間半程で釧路市内へ。まずは6時から営業しているお風呂に入ります。

4



そして一件目。生サンマの高いのには驚きました。一番型の良いものは13匹で8,300円、私には手が出ません!今年は今まで以上に不漁のようです。

5



違うものを少し購入し、サービスのすりみ汁を頂きました。超美味です!

5-1



市内観光ついでに幣舞橋のロータリーを回って・・・

6



和商市場へ。ここでも同じくサンマは超高め!

7



イワシとサバとサンマの勝手丼。一般の観光客達は2〜3千円の高価なものを食べていますが、私のはライスも含めて630円也!

8



サンマは諦め久しぶりにスパカツの名店泉屋さんから独立した千房さんへ。

9


千房風。

10



スパカツ。どちらも超美味!量が多くても美味しければ全部食べられます。


11


千房さんの裏の方には私の山の師匠宅があります。突然お邪魔したが残念ながら留守でした。でもアポなしで行くのが師匠の教えです!(笑)

12


帰りにここにも寄ってルーを購入。

13


帯広市内で信号機に止まった時の隣の軽トラ。さすが畑作地帯帯広の風景。

14


今回仕入れした品々。小分けして冷凍し、お弁当のおかずや晩酌のつまみに使います。

喜寿

1


先週末は母親達の喜寿のお祝いで、八雲町の銀婚湯に行ってきました。

2


お盆前からコツコツと作っていた仕掛け。

3


午前7時出発、行きは赤井川経由で。

4


行く途中の食事はあちらこちらの道の駅でつまみ食い。

5


最後は黒松内の道の駅で15分待ってマルゲリータを頂きました。

5-1


到着は16時15分。予定より15分遅れました。母親達をここに連れてきたのは8年ぶり、ここで函館神社に御朱印をもらいに行ってた妹夫婦と合流です。

6


カメラの設定が・・・

7


宿の裏側には宿泊者専用の露天風呂がいくつかあります。

8


9


これは二日目の朝に一人で入った露天風呂。湯加減も最高です。

10


美味しい夕食を食べて

11


部屋に戻りお祝いの余興です。

12


ケーキはやっぱりきのとやさん。

13


77本のローソクは立てられません!

14


Tシャツ、生まれた日の新聞、ネーム入りの箸等々お祝いのプレゼント。

15


翌朝天気予報に反して快晴。朝の散歩。

16


女性が入りやすい、囲われている露天風呂もいくつかあります。

17


朝ごはんを食べて

18


10時チェックアウト。妹夫婦は八雲神社、長万部経由で。私達は海沿いを走ることにしました。

19


風は強いが海はとても綺麗です。

20


太田神社。本殿は上の岩峰にあります。今度来る時は山登りの装備をして参拝してみたい。

21


道南の日本海はずっと綺麗です。

22


岩内町で昼食兼夕食。これで今年の家族達との大イベントは無事終了しました。

盆休

1


雨ばかりだった今年の盆休。楽しみにしていた日高の山行も中止。仕方なく雨をできるだけ避けながら道北の旅に行ってきました。大先輩から聞いていた松山湿原。

2


天気がパッとしないのでとても幻想的です。

3


大小の沼も湿原なので当然あります。

4


ここはお花の宝庫なのか色々な花が咲いています。もう少し早ければもっと綺麗かと。

5


変わった色の紫陽花。

6


これだけのトリカブトで何人殺傷できるのだろう?こわっ!

7


美深の道の駅で買ったここでしか買えない羊の牛乳。すごく濃厚です。

8


真っ黒な音威子府そば。美味い!

9


豊富温泉に入る前に購入したソフト。他でもソフトを食べたが今回これが一番美味かった!

10


初日は土砂降りの稚内の道の駅で車中泊。そして二日目はサロマ湖のほとりで。これだと雨が降ってきてもすぐ退避できる。結局この後も土砂降り。

11


15日は父の納骨とお墓のリフォームの竣工式。半世紀ぶりに対面した親族も。こんなメンバーで集合したのは初めて。私の今回の最大のイベント、大成功だった。

12


半年がかりで調べ抜いたここで眠っている人達。どうしてもこれが作りたかった。私の分のスペースも残してあります!(苦笑)

富士山4

resize0582


駐車場から須走道の駅へ。まずはやっぱりこれでしょ!ソフトクリームを食べました。

1



そして箱根の山を越えて奥湯河原温泉へ。景勝地を走行してきたのですが、残念ながらあいにくの天気で景色は全く見ることができませんでした。

2



ここの宿、とっても親切な対応をしてくれ靴を洗わせてくれたのです。さらには乾燥室で乾かしてまでくれました。感謝!もちろんじゃらんの評価は最高点ですね!

3



実は30年ほど前、この湯河原町に半年ほど出向で住んでいたことがあり、現地の会社の方と二人で7本の現場を担当していました。早朝から夜遅くまで、さらには全く休日のないとても忙しい日々でしたが、その一部の現場を見たくて真鶴町へ。

4

位置的にはちょっと違う感じがしましたが、この景色を見ながらお弁当をよく食べていたのを思い出しました。とても辛かったけれどさざ波があったこの景色に心が癒されていたのです。

5

私が天然石をふんだんに使ったトイレや園路、階段等を作った公園。植樹も沢山しました。中へ入って見たかったのですが、道路が狭くさらには駐車場もないので諦めました。

6



部屋に戻り、メイン料理のアワビの踊り食いを食べて21時頃爆睡!

7



翌朝、滝と竹林に囲まれたとってもロケーションの良い露天風呂に入って・・・

8



お腹一杯朝食を食べ・・・

9



はい、ここからは山男や山姥ではなく普通の観光客モードに変身!(笑)

10



まずはひものを買いに小田原市へ。道路縁にあるような大きなお店ではなく、こういうお店が皆の心をつかみます。

11



そして小田原城へ。

resize0584

おきまりの写真。完璧な一般観光客です!

12-1


小田原城前の小学校。お城の前とは言えこの建物に圧倒されました。

13


そしてサザンの歌にも出てくる江の島へ!

14


まずは腹ごしらえ!生しらすで一杯!

15


サザエのつぼ焼き。

16


金目の煮付け。

17


海鮮丼。至福のひとときです。

18


お腹一杯になったところで島を散歩?

19


S男ちゃんには似合いそうですが、山女には湘南の海は似合わないかも?(笑)

20


散歩はさらに続き

21


暑いのでやっぱりアイス!

22


その後いざ鎌倉へ!

23

道産子人憧れの竹林でEXILE!(笑)

24


最後は鎌倉蝶に見送られ駅へ直行!ここでY穂さんと別れました。登山と観光と混ぜた山行計画でしたが、気の合う仲間との旅は楽しいですね!終わり。

富士山3

1


午前1時起床。一人雨が祟ったのか体調を崩して待機となりましたが、朝食を食べ2時少し前に出発です。

2


外に出ると凄い人。ツアーの団体さんと外人さんがとても多いのです。

3


ご来光を見るために頂上を目指す人の群れ。ヘッドランプの光が蛍の光にも見えま
す。あちらこちらにダウンして休んでいる人も見受けられました。

4


3時55分頂上に到着。胸突江戸屋さんから2時間でした。

5


少し歩いてカメラをセット。でも残念ながらこの日のご来光は雲に阻まれこれ以上にはなりませんでした。

6


運よく風がほとんどなかったので、お鉢回りも凄い人です。

7


新しくなった鳥居。

7-2


富士山の頂上にはバックホウも!

8


富士山の最高点、剣ヶ峰には観測所も。

9


富士山の三角点が一等ではなく二等だと言う事には驚きました。

10


ここが日本一の標高3776m。5時30分到着。

11


少し歩いて朝食。富士山の上で子供の頃から大好きな北海道限定ホンコンやきそばを食べるのが夢だった!(笑)

12


ブルとキャリアダンプを後にして・・・

13


雲海をバックに記念撮影。

14


日本一高い所にある自動販売機の飲み物は一本400円。高い?安い?

15


300円のトイレで用を済まし下山です。

16


8合目までは吉田ルートと同じなので凄い人です。

17


宿泊した宿で合流し

18


体調を崩したT美さんもゆっくり寝れたらしく、元気一杯で下山。

19


名物砂走!でも調子こくと止まることができません!(苦笑)

20


砂払い5合目で飲んだコーラ。ちょっとぬるかったのが残念!

21


あと一踏ん張り

23


午前7時下山開始。9時40分到着。須走コースは下山がとても早い!

24


お土産を買ってシャトルバスで駐車場へ。

25


駐車場から見た富士山。シャトルバスは30分位でした。続く。

富士山2

1


私の予定通り11時登山開始。職業柄こういうのはとても気になります(笑)

2


まずは富士山保全協力金を1,000円寄付して

3


元気一杯集合写真!

4


お参りし歩き始めるのですが・・・

5


隊長の私の体が思うように動きません。ふらふらとしながらやっと歩いていて皆に追いつくことができないのです。

6


小屋でやっと追いつきます。

7


T美さんにアイスを買ってもらいます。高度障害なのか熱中症なのかよくわかりませんが、少し楽になりました。

8


私達の会話を聞いていた隣の人が私達の事を北海道人だとわかったらしく、写真を写してくれました。「なまらこわい!」とでも言っていたのでしょうかね?(笑)

9


7合目からガスが濃くなり、この後ひょうのような大粒の雨が降り出しました。

10


宿泊場所の上江戸屋に16時35分到着、ここまで約5時間30分でした。全身びしょ濡れで寒い。

11


ディナーのハンバーグカレーを18時に食べて・・・

12

19時爆睡。合羽を乾かす事ができずに参った!

富士山1

1


私の幼なじみの同級生2名と山岳会仲間2名の合計5名で須走コースから富士山登山に行ってきました。

2


金曜日の夜に旭川から羽田に飛び、横浜のホテルで前泊して翌朝出発!

3


相鉄線の一番電車に乗って海老名の駅に向かいます。

4


そこで愛犬と旅行中のY穂さんと合流。東名高速道路に乗って御殿場へ。

5


途中足柄SAでトイレタイム。

6


男はいくつになってもこういうのには憧れます。(笑)

7


SAから見えた富士山。

8


須走に到着し、コンビニで行動食を買ってまずは安全祈願です。

9


10


右手を洗い、左手も洗って口をすすぎます。

11


ここでは狛犬も登山。

12


二礼二拍一礼。 お賽銭は奮発して100円を入れました。

13


須走の道の駅でトイレタイム。

14


トイレの中でつばめが飛んでいるのでよーく見ると・・・

15


生まれたばかりのひな鳥がいました。

16


そして駐車場へ。ここで登山の準備をしてから・・・

17


シャトルバスに乗ります。ここで事件発生!でもそれは秘密です!(笑)

18


30分程で登山口に到着。

19


お昼ご飯を食べながら1時間程体を高度順応させ。

20


私とKっち君は1,200円のかつ丼を食べて登山開始です。・・・続く!



潮干狩り

1



恒例の家族旅行で尾岱沼ふれあいキャンプ場に潮干狩りに行ってきました。

2



雨と風でキャンプ場のバーベキューハウスはとても寒いです。気温3℃位?

3



釧路の和商市場で仕入れた貝類。ホタテは地元で。でもここの名物の巨大なホタテはありませんでした。時期が少し遅いのでしょう!

4



赤ほやをはじめ、安くて美味しい魚も勝手丼を食べている観光客を横目に購入、目利き勝負です!(苦笑)

5



寒くてこの日はビールはあまり飲まず、皆さん熱燗とホットワインばかり飲みます。

6



体が冷え切ったところでバンガローに戻り2次会。でも私はすぐに爆睡です。



7



翌朝はご飯を炊き、帯広で購入したインディアンカレーのルーを温めて朝食。カレーの朝食が一番簡単です。

8



残り物とトッピングした私のカレー。

9



潮干狩りの時間が近づくにつれ、どんどんと車が増えます。

10


昨年の失敗を踏まえて今年は受付するのに一番乗り!

11


なのでもちろん一番最初に会場へ!

12


13


皆さん手慣れた手つきですが、腰が痛い!

14


カレイの子供?海に放します。

15


キャンプ場の道路も駐車場。

16


潮干狩り全景。昨年までは認知症の父親連れだったので目を離せず、私は潮干狩りに集中できませんでしたが、今年はそんな心配なし。でもちょっと寂しいような気もしましたね。

17


往復約900km。運転のご褒美は富良野の小玉家さんで食べたあなご蕎麦。美味い!

親睦会

1


親睦会の旅行で数十年ぶりに登別温泉に行ってきました。

2


本社前9時出発。まずはこの日開催されていた栗山町の老舗祭り会場へ!

3


私の狙いはこのお祭りの時だけ販売される限定酒。普段財布の紐が固い私ですが、欠点は限定の二文字に弱く、万札が一枚無くなりました。(苦笑)

4


その後、普段飲めない高価なお酒の有料の試飲を購入し・・・

5


私の大好きな名古屋の味噌煮込みと一緒に頂きました。どちらも美味くてこの日の寒さが吹き飛びます!

6


その後、お昼のランチは東千歳のバーベキューへ。20年位前ですが、ゴルフをやっていた頃、早来方面からの帰りによく寄ったお店です。当時は店主だった80歳はかるく超えていた名物ばあちゃんがこのお店を仕切っていました。

7


魔法の粉をかけて・・・もちろんばあちゃんはいませんが、相変わらず美味い!

8


苫小牧でおしっこついでにデザートのハスカップアイスを頂き・・・

10


豪華な夕食を食べながらまた飲みました。そして9時に爆睡!宿に宿泊すると、いつも寝るのが早いのです。

11


朝食はバイキング。食べ物に卑しい私はいつもこうなります。(苦笑)

12


お腹一杯になった所で朝のお散歩。

13


地獄谷。何十年ぶりだろうか?

14


約3時間に一度噴き上げる墳泉塔。もちろん待てるわけがありません!

15


閻魔大王様にお参りをして・・・

16


お昼は苫小牧のみなと市場でしあわせ丼を頂きました。これできっと幸せになれる事でしょう!

17


千歳ワイナリーに立寄り、ワインの製造工程の説明を受けました。

18


家へのお土産。飲んで食べて、これらの試練を乗り越え、また一回り人間が大きくなった私です!(笑)

くしろシーサイドグルメキャンペーン

1


今週半ばに突然宅急便が届きました。

2


中を開けてみると「くしろシーサイドグルメキャンペーン」の当選のお知らせ。

全然心当たりがないので、9月に釧路方面に遊びに行った時のことをブログで調べてみると、わかりました。

3


帰る途中、白糠でご飯を食べた時に、味についてのアンケートに答えていたようです。

たった20名の中に入るとは凄い運!でもこれで年末ジャンボ宝くじの当選は絶望的ですね!(^-^;

道東へ3

W


浜中町はモンキーパンチさんの故郷。


X


この日はお祭りでした。楽しいイベントが盛り沢山ありますが、時間の関係上一番最初の鮭のつかみどりにエントリー。


Y


4人で抽選券を頂きましたが・・・


Z


残念ながら誰も当たらず・・・お祭り会場を後にします。


Z-1


帰りに根室で買うことのできなかったサンマを厚岸の直売所で購入し、師匠とお別れです。


釧路町の別保から自動車専用道路に入り、そのまま本別まで行く予定でしたが、お腹が空いて白糠に立ち寄りお昼ごはん。


Z-2


帰りは先日の連続した台風で大被害を受けた十勝地方を通過しました。まずは音更川の様子。


Z3


国道38号線、清水町の通行止箇所。この先の浸水は特にひどかったような跡が残っていました。


Z4


新得町JR駅のすぐそばの線路。河道面積の確保を考えるとそう簡単に復旧できる状態ではありません!


Z5


この日車線減少して通れるようになった狩勝峠。ズームアップで撮影しました。法面崩壊が凄まじいけど、よく短期間でここまで復旧したと思います。凄い!でも法長がとてつもなく長いので本復旧まではかなりの時間が必要かと。


Z6


カヤックのメッカ、幾寅の橋。空知川の上流です。この橋の上まで水が来たなんて想像するだけでも恐ろしい!改めて自然の猛威を感じました。


Z7


帰宅し、片付けが終わり安着。今年の道東はサンマも高いけれど、花咲蟹も高かった。二人で1杯です。

やっぱりこの異常気象が水産物や農産物にかなりの影響をしているのでしょうね!


おわり。


道東へ2

J



厚岸を出発し根室へ。


K



いつの日かゆっくり探索したい春国岱を通過し・・・


L



根室市内へ入り、まずは端谷菓子店に行ってオランダせんべいのハネ品を買いに。


M



その後、魚屋さんを数件はしごしましたが、サンマが本場の根室と言えどもいまいちなのです。


N



お腹が空いて、私はサンマロールを食べたかったのですが、お昼に食べる事ができるお店は貸し切りで入れません。なのでカミさんが食べたかったエスカロップをどりあんさんで食べる事にしました。


O



わたくしは、オリエンタルライスを注文。


S



根室マルシェと酒屋さんで買い物をし、花咲港方面へ。


T



海はそれなりに時化ていました。


U



花咲港ではこれから出港しそうなサンマ船が並んでいます。大漁を祈りながら師匠と待ち合わせの浜中町の霧多布キャンプ場へ!



P



私がテントを張っている最中に師匠が釧路から到着。


Q



師匠がディナーメニューをすべて手作りで用意してくれました。


R



私の大好物のサンマとつぶの刺身をはじめ、その他沢山!


V



飲み過ぎた翌朝は快晴です。

いつも霧が立ちこもるこのキャンプ場でこんな景色は滅多に見られない!


続く・・・


道東へ1

A


毎年恒例になっているこの時期の道東グルメ旅行。今年も行ってきました。って言うか、行かないと家庭崩壊の可能性があるかも知れません!(苦笑)

金曜日の仕事が終わってから出発、ラーメン好きの私が必ず立ち寄る富良野の支那虎さん、今回は味噌ラーメンを食べました。

B


味噌ラーメンでパワーをつけて白糠コイトイの道の駅を目指します。まずは国道38号線幾寅の通行止箇所到着。

狩勝峠が通行止めになっていて、道東道の占冠ICから音更ICまでが無料で通行できることは知っていましたが、実は私はここで大きな勘違いに気がつきました。

ここから右に曲がって道東道に乗るICが占冠ICではなくトマムICなのです。北海道の主要幹線の道路ならだいたい頭の中に入っているのですが、地図をよく見ない完全なる慣れから発生したミスでした。

南富良野町まで戻ってかなやま湖の横を通り、占冠ICへ。ここでかなりのロスをしてしまいました。

C


コイトイの道の駅で車中泊した翌朝、天気予報とは違い快晴。

D


まずは和商市場に行って、珍しい物や掘り出しものを探します。お店は沢山ありますが、何回も行っていると買う店はだいたい決まってきます。

E


勝手丼は高い(高くなる?)ので食べません。安くて美味しそうなお刺身を探してはごはんをスーパーで購入し、車の中ではさみを使ってお刺身を切り、海鮮丼を作ります。
この大盛の海鮮丼、全部で1,000円也!(苦笑)

F


厚岸のコンキリエに到着。ここでも快晴です。

G


漁協の直売所に行き・・・

H


やっぱりサンマは不漁のようで高いです。もう高級魚の仲間入りですね!

I


おやつのながえもんを生で食べて根室へ出発!

続く・・・

潮干狩り

1


GW最終の週末、私の家族全員で尾岱沼のふれあいキャンプ場で開催された潮干狩りに行ってきました。私は昨年に続き2回目です。
今回は連休中なので先行組は2泊3日、仕事があった私と私の妹夫婦は1泊2日の行程です。

1


一日遅れで出発の私達は釧路の和商市場で食材の調達。そして昼食は釧路のソウルフード、泉谷さんのスパカツ他です。やっぱり美味い!

2


そして釧路から約2時間で到着。先行組と合流です。

2


夜はおきまりのバーベキュー。この厚岸の牡蠣は安くても身がタップリ。あたりでした。私もかなり海鮮については目が利くようになった!(苦笑)

3


野付の天然ホタテは言うまでもありません。大きさ、味と日本一でしょうね!もちろん刺身でも食べました。

4


酔いも回ったところで私の親兄弟とのショット。たぶんこんな親子4人のショットは初めてだと思います。

5


翌朝は前日残ったおにぎりでチャーハンを。

6


でもそれだけでは足りないのでご飯も炊いて帯広で購入したインディアンカレーも食べました。このカレー、やっぱり皆に好評です。

7


後片付けをして潮干狩りの受付をしようと思ったら長蛇の列。バンガローの目の前が受付でしたが、前日が雨と寒さで人が少なかったらしく、すっかり油断しました。

8


約30分並んで受付。

9


そしていよいよ会場へ。私と妹夫婦以外はもちろん二日目です。それにしても凄い人。

10


掘ります。場所の良いところだと、いっぺんに沢山獲れます。

11


我がチーム。最初はバラバラでしがた、最後に全員同じ場所に揃いました。

13


一度海水で砂を落とします。砂が付いているとその分、量が減りますし、後の始末も大変です。

12


そしてこんな感じ。

14


最後に全員で記念撮影!楽しかった家族旅行も無事終了しました。でもやっぱり認知症の人を連れて歩くのは一瞬目を離した隙にとんでもない事が起きるので油断できません。何かと大変で疲れました。

3


おまけのショット。一番早く起きるはずが飲み過ぎて一番最後まで寝ていました!(笑)

親睦会

1


週末は親睦会の旅行で定山渓へ。宿泊ホテルは向って右側に見えるミリオーネさんでした。

2


上げ膳据え膳の温泉ホテルに宿泊するのは超久しぶりです。

3


お風呂に入って日本酒を頂きながら夕食。

4


部屋に戻って爆睡!。私の部屋はマージャン部屋でしたが、このジャラジャラとする音が子守唄に聞こえてとても気持ちが良いのです。(マジ)
徹マンが苦手だった高校生の頃はいつもこうで、S男ちゃんとかに寝豚マ○シと呼ばれていた。(笑)

5


ぐっすり寝た翌朝の朝食。バイキングだと食べ物にいやしい私はどれもこれも一口食べたくなります。なのでバイキングは食べ過ぎるので嫌いです。(苦笑)

6


食べ過ぎた後は少し歩いて運動し・・・ちなみにここは石山緑地。

7


お腹は全然減っていませんでしたが、またお昼に食べた。(苦笑)

8


そして向った先は・・・

1


札幌ドームです。

9


野球はあまり興味がないので選手はほとんど知りませんが、この日はラッキーな事に先発投手は大谷翔平。まだ一勝もしていないので応援に力が入りました。

10


11


12


13


15


さすが160km台を出す投球ホーム。

16


バッターて知っている選手。

17


18


19


20


残念ながらこの日はホームランを見る事ができませんでした。

過去に新庄とダルビッシュと今回は3回目の日ハム応援でしたが、私が応援に行くとすべて負けます。(苦笑)

ニセコへ。

1


社員総会の後の懇親会の翌朝、両親を迎えに行って定刻より若干早く自宅を出発!

2


途中、札幌朝市と小樽南樽市場に立ち寄って食材を調達し、目指すはニセコです。

3


途中、所々寄り道なんかもして・・・

4


昨年の11月に宿泊した比羅夫にあるコンドミニアムの四季に行きました。

認知症が進行している父親を連れてなので、一般の温泉旅館よりこちらの方が管理しやすいと思ったからです。

12


外人さん向けの素敵なロビー。

13


洒落たカウンターも!

5


スキーシーズンが終わった頃だから低価格で宿泊できるスイートルーム。高級マンションと同じような雰囲気です。初めてこんな所に入った父親はなんだか落着かないような雰囲気。

6


両親を休ませ、市場で調達した食材を使って夕食を作りました。私の担当はブイヤベース。

7


部屋の窓から見える景色は羊蹄山。そして日の出とともに私は目が覚めました。

8


明るくなったところで両親を連れて散歩。

9


スキー場の方角から風が吹いているので結構寒かったです。

10


歩かないと見る事ができないマンホールの蓋。倶知安町とスイスのサンモリッツ市が姉妹都市と言うことが、この蓋でわかります。

11


ヒラフスキー場の所まで歩いて一服。でも、風があると自分ではたばこの火をつける事ができません。風下に体を向ける判断ができないのです。

14


散歩が終わり、前日母親が持ってきたおにぎりのあまりを海苔を外して解体し、チャーハンを作りました。味付けも前夜残ったミモレットのチーズ等と混ぜ合わせ。

15


そして朝食。この後父親に「おたくさんが作ってくれた飯、美味かった!」と言われました。

初めてそんな事言われましたが、んっ? おたくさん・・・?(苦笑)

16


帰りは天気が良かったので遠回りですが積丹半島経由です。でもチンプンカンプンの父親を連れての行動は想像以上になにかと大変!

17


積丹ブルーなんてゆっくり見ている暇もなく寒がるのですぐ退散!

18


昼飯兼晩飯にラーメンを食べるために立ち寄った当別町のなかむらさん。ホルモン三種盛りで1,350円だったかな?母親が少しだけホルモンが食べたいと言ったので注文しましたが、凄いボリュームです。

19


私はあっさり醤油ラーメンを注文しましたが、完全なる食べ過ぎです。

そろそろマジにダイエットしないとかなりヤバい!(苦笑)


ニセコへ2

1


国際化しているニセコの宿泊はコンドミニアム四季。本当はキャンプ場のバンガローに泊まりたかったのですが空きがなく、テント泊まりは却下され、仕方なくこの日は一人一泊6,500円のここにしました。私にとっては大奮発!

2


3


ロビー。いかにも外人さんが好みそうな雰囲気。

4


ロビーの横には生鮮食品も含めて何でも売っているスーパーもあります。外人さん向けなので見たこともないような面白い食材も沢山ありました。

5


陽ちゃんのご主人が大好きなドクターペッパーも売っていました!(笑)

6


7


部屋はとっても広いです。6人までなら快適な空間。

8


窓の外は羊蹄山。

9


10


11


調理道具や食器類もすべてあります。外人さんは一か月位は滞在するとか。

12


部屋を確認した後、新しくなった雪秩父へ。

13


しかし中に入ってみるとこれでは断念!

14


この日の温泉はここにしました。

15


部屋に戻って飯の支度。

16


私の担当はブイヤベース。カミさんはその他諸々。

17


完成。

18


朝飯はブイヤベースの残りを使ってパエリアにしました。あまったごはんはおにぎりにしてこの日の行動食。食事代はこれ以上使いません!

19


そしてリベンジでまたまた雪秩父へ。でも車の数を見ると嫌な予感。

20


中に入ると偶然にもG部長とバッタリ!ビックリ仰天!なるへそ!(笑)

そしてこの時間を見て諦めました。

21


20年以上前に仲間とスノーボードを乗りに行った時に泊まったいこいの村。最近リニューアルされ綺麗になっていました。

22


内風呂にも露天風呂にも誰もいません!

23


空を見上げながら至福のひとときでした!終わり。









ニセコへ

1


あわや忘れる所だった10日前くらいの事。大喧嘩の末、ニセコに行ってきました。
最近時々見る山登りバックホー。人間何人分位の仕事ができるかな?

2


午前中はお仕事だったので午後出発。晩ごはんを食べるのに向った先は余市の寿司ブッフェダイニングふじ。あの積丹に本店がある有名店、ふじ寿司の系列店です。

3


もちろん我家の経済力では廻らないお寿司屋さんには行けないので、ちょっとした贅沢!

4


寿司は別腹の私ですが、この日は食べ過ぎで死にそうになりました。シャリは少し大き目ですが、さすがお寿司屋さんのブッフェはクオリティが高いですね!

5


腹が苦しくどうにもこうにもならないのでここでしばらくお休み。

6


そして余市の道の駅に行って車中泊。寝酒を飲んで爆睡です!

7


翌朝小樽にいったん戻って、ここで食材調達。

8


その後、行きたくはなかったけれど蝦蛄祭り会場に行って朝飯の調達。

9


蝦蛄飯に蝦蛄のタコ(シャコ?)焼、それに蝦蛄汁、全部で1,500円は高すぎる!もう絶対行かねーぞ!

10


そして倶知安の駅裏方面にある二世古酒造さんへ。

11


お店の方二人としばらくうんちくを語りながら試飲。片っ端から飲みました。もちろん私ではないですよ!(笑)

12


でもこれからの一番人気はこれなのです。この日はまだ発売されていなかった。

1


昼食はうどんやさん

2


3


どちらもなまら美味い!

続く・・・

道東へ2

1


ここのバンガロー、電気が使えるので今回は携帯ガスストープだけでなく、デロンギの電気ストーブも持参しました。さらには燻製用に購入した電気コンロまで。何事も節約です!(苦笑)

2


朝食は前夜の残り物で軽く済ませ、釧路に行く用事がないので阿寒経由で帰宅する事にしました。まあ本当はこれが最短コースですが・・・

国立公園内に入ると道路はアイスバーン、そして雄阿寒岳にもうっすらと雪化粧が。

3


双湖台への道もこんな感じ。

4


はい、これが北海道の形をした湖です。

5


温泉街を素通りし、足寄のオンネトーへ。雌阿寒岳も雪化粧です。

6


日が照ればここの湖は本当に綺麗に見えます。

7


そして野中温泉へ。

8


お湯は一級品です。

9


露天風呂。

10


またまた私の入浴シーン(笑)

11


足寄の道の駅

12


くわえたばこが時代を感じます!(笑)


13


士幌の道の駅のアイスはなまら美味い!

14


そしてここで遅い昼食。

15


滅多に食べないカレーですが、やっぱり美味い!

16


美味しいものを沢山食べた後の最後は狩勝峠から富良野までは猛吹雪で地獄だった。(苦笑)

道東へ1

20


今年の休日は天気が良ければ山ばかり行っていたツケ。

週末は家族サービスで北海しまえび漁が始まった尾岱沼に行ってきました。
金曜日の夜出発。閉店時間に間に合えば必ず寄る富良野の支那虎さんです。

1


ここのこげ塩ラーメンは私の大好物。今回は珍しく味噌ラーメンも頼んでみました。このラーメンパワーを授かり・・・

2


はるか数百キロ離れた白糠の道の駅まで一揆に走ります。そして安着!これ、いつものパターンですが(苦笑)

3


日の出とともに朝起きると漁船が見えました。これはシシャモ漁かな?

4


朝食と夕食は和商市場で調達。これは前回と同じパターンで油断すると大変高価な勝手丼は食べず、お刺身を購入して車の中で海鮮丼を作りました。
ちなみにこれは本マグロとおひょうとタコの海鮮丼。ライスも含め全部で1,500円也!(苦笑)

5


そして向った先は野付半島。久しぶりにここまで来ましたが、倒木や枯木が浸食されてなくなっているのにはビックリ。あの幻想的な景色が良かったのに・・・(涙)

6


実は今回のお目当てはこれ!春と秋の年二回、僅かな期間しか資源保護のために行われないしまえびの漁が始まったのです。この時だけ食べられる踊り食い。

7


出てくるなりエビは飛び跳ねます。

8


しかしちょっと残酷な気もしますが、抵抗もむなしく私の口の中に・・・活海老は甘みはありませんが歯ごたえが違いますね!

9


そしてお風呂に入るために川北温泉へ。北海道の何本かの指に入る秘湯です。

10


この手書き感がたまりません!いかにも秘湯って感じです。

11


常連っぽいおじさんが一人入っていましたが、雨が降っていたので私も傘を差しながら入りました。とても良い泉質です。

12


私がお風呂から上がると若いグループの人達がやってきました。来る途中の林道で熊に会ったとか・・・(苦笑)

13


そして標津のサーモンパークのところにある魚屋さんで見た鮭児。一度は食べてみたいけれど残念ながら私の所得では購入することができません!(ーー;)

14


その後キャンプ場に戻って炭火を起こし・・・

15


和商市場で購入したツブとホッキと牡蠣。

16


サーモンパークで鮭児は買えなかったけれど一杯130円のイカは買えました。新鮮なイカの食べ方はお刺身以外はこの炭火の包焼が一番!ゴロが美味いです。

17


ホヤは口直し。辛口の北の勝がとってもよく合います。

18


長万部のミート木村のホルモンとキャベツのスープ。これらは家の冷蔵庫整理。

19


そして締めはやっぱり茹でたてのこれです!この後私は記憶がなくなり撃沈!(苦笑)

続く・・・

道東へ3

1


今回は釧路をとんぼ帰りの予定だったので、キャンプ道具はほとんど装備していません。普段車に積んである装備で朝飯作り。釧路で生協のワゴンから500円で買った鍋が大活躍です。

2


ご飯を炊いた後に落葉キノコの味噌汁を作りました。

3


朝食完成。ちなみに味噌汁の器は市場で買ったごはんのものです。(笑)

4


朝飯ができあがる頃に起きてきたカミさんは食べるだけ!(笑)

5


昼飯は私の山登りの師匠K氏宅のすぐそばにあるお店に行って・・・

6


釧路のソウルフード、スパカツを頂きました。実はこれが今回の本命です。本家のいずみやさんよりこっちの方が我家では好きなのです。

7


塩味の千房風も美味い!

お腹が一杯になった所で師匠宅に突然おじゃまして、今年の知床の話を報告しました。

8


帰る途中、幕別町で500円で買った鍋を持って・・・

9


翌朝の朝食となりました。酸味が絶妙で美味いです。この500円の鍋は大活躍。

1


そしてその夜。

2


一生に一度の大奮発をして和商市場で買った縞ホッケ。

3


愉快な仲間達と・・・

4


油が多くて焼くのは難易度后バーベキューの達人達が揃っていても皆で力を合わせて悪戦苦闘!もちろんそんな時は写真を写す余裕がありません!(苦笑)

5


でも美味かったなぁ〜!

おしまい!

道東へ2

1


和商市場にも厚岸漁港直売所にも旬の秋刀魚はほどんどなく、根室の花咲港に着いてみると、大型、中型、小型の秋刀魚船が勢ぞろい。

2


3


4


港の中でもこんなにも波がありました。時化で漁に出れないみたいです。

1


秋刀魚は諦め地酒屋さんへ。

2


野付のキャンプ地へ移動し、お気に入りの温泉で体を癒します。

3


2,500円で電気が付くバンガローはありがたい!

4


旬の白子の炭焼きは美味いです。

5


お酒はもちろん北の勝。

6


昼間買った刺身が入っていたトレー。キャンプの予定でなかったので使えるものは使います。

7


シーズン遅れの花咲カニを食べて沈。

続く・・・

道東へ

1


今年は休日といえばほとんど山登りに行っている私ですが、隙間を狙って先週末は家族サービス。秋刀魚を求めてこの時期得意の道東へ行きました。おきまりの金曜の夜出発、1時間ほどで着く富良野で富川製麺所さんのトリプルチャーシュ味噌ラーメンを美味しく頂き、ひたすら走ります。

2


毎度同じパターンですが白糠の道の駅で車中泊。どの道を通っても到着時間はだいたい夜中の12時位です。
台風の後を追っかけるような感じで出発したので・・・

3


天気はまあまあでしたが海は大荒れ。S男ちゃんが喜びそうな波と風でした。(笑)

4


釧路市内に到着、まずは和商市場で食材調達。

5


美味しそうな干物は沢山並んでいますが、旬の秋刀魚がさっぱりありません。台風の影響で船が出ていないのです。

和商市場では朝食に名物の勝手丼を食べたいところですが、最低でも好きなもの選んでいけば一人当たり1,500円以上はかかります。

1


貧乏でケチな私は市場で刺身とライスを購入し・・・

7


車の中で本マグロの中落ちとおひょうの海鮮丼の出来上がり。二人分でしめて1,100円也!(苦笑)

8


そして食器はキッチンクリーナーで拭いて再利用!(笑)

9


でもちょっとものたりなく、朝飯を食べた公園の駐車場の近くにあるラーメン屋さんで

10


釧路ラーメンを頂きました。飲んだ後に食べるなら最高のラーメンです!

11


その後、秋刀魚を求めてさらに東に走り、厚岸漁協の直売所に到着。レンジでチンしておやつを食べながら予定していた日曜日の登山は悪天候のために中止の決断をしました。

続く・・・

帰路


2


朝食は手早い師匠が作ってくれました。旅に出てこういう生活をいつもしていると思いますが、圧力鍋でごはんを炊くのはおそらく日本一の腕前でしょう!(笑)

3


残り物ばかりでこんなにも豪華な食事が・・・やっぱり私の師匠、流石です!

4


そして師匠はいつものごとく風のように去って行きました。こちらは今、桜が満開でした。例年より2週間位早いのかな?

5


私も出発の準備を終え、キャンプ場を後に。

13


羅臼で漁師をやっている同級生に用事があり、帰路は知床経由にしましたが、その前に野付でちょっとお買い物。ここで私の少ない所持金では破産しました。(苦笑)

6


同級生と港で会えて用事が済み、いよいよ今月初めに開通したばかりの知床峠に向います。この時期に通るのは初めて。途中に、こんなにいい斜面がありました。思わず滑りたくなります。

7


知床峠にはこんなにも登山者が・・・私も登りたい!

8


知床峠からだと羅臼岳がこんなにも近くです。思わずルート確認!(笑)

9


北海道百名山の本で、私の師匠が紹介している海別岳。道東では山スキーの素晴らしい山です。夏道はありません!でも、私は師匠に教えてもらっています。今度北川景子を連れて・・・(笑)

10


そして有名な百名山の斜里岳。ちなみに海別岳と斜里岳の写真は陽ちゃんの旦那さんから頂いたEOSで写しました。やっぱり一眼は違いますね!

11


ウトロのとっても美味しいラーメン屋さん。

12


観光地によくあるぼったくりのお店は避けて、こういうお店で食事しないとね!

これでまた山に登れる・・・(笑)




親睦会4

resize0427


親睦会シリーズ最後の投稿。
NACのバスがホテルまで迎えてきてくれ、私達4名は元気よく出発です!


resize0426

受付を済ませ、まずは記念撮影。私はカメラを二台旅行に持っていったのですが、この時ペンタQ7はソーセージチームに預け、防水のLUMIXを使う予定でした。

ところがこの撮影をする時、カメラにSDカードが入っていない事に気づき、カメラの持参は諦めました。

1


ドライスーツに着替えて尻別川へ。NACナンバー1ガイドで旭川出身のけんたろうさんと。
こうやって見ると一人だけ50代半ばがいると思えませんね!(笑)

私はカヤックにはたまに乗っていますが、最近は山ばっかりでさっぱり乗っていません。そしてラフティングは初めての経験。でも久しぶりの川下りでわくわくします。

2


この日はもう一チームいました。東京、沖縄、大阪からだったかな?一緒に!

3


この日の川の状況は6段階中、レベル4。天気が良いので前日よりは川の水が増えているようです。GW頃がピークだとか。

私は右側の前、その後ろは直で、隣人W君は左前、そしてその後ろに照と言う配置で漕ぎます。

4


ラフティングはカヤックと違い、瀬に入っても全く恐怖感がありません。私はですよ!(苦笑)
複雑な川の流れもよく見えて凄く楽しいです。ガイドのかけ声で必死に漕ぎます。

5


さすがに雪解け水は顔にかかると冷たい!

6


川から見る羊蹄山もこれまた最高!最後に私と隣人W君は川に飛込みました。
しばらく封印していた川遊びがまた復活しそうな気分です。

この後ヒルトンのお風呂に入ってソーセージチームと合流。ソーセージチームは時間が押してしまい、予定していた五色温泉に行くことはできませんでしたが、それ以外はほぼ予定通り。帰りに仁木町のキノコ王国で遅い昼食を食べて帰ってきました。

幹事として一部反省点もありますが、全体としてはまあまあだったかな?

ラフティングはレベル5の頃、もう一回乗りに行こう!(笑)

親睦会3

1


ぐっすり寝たと思われる翌朝、外は前日とは打って変わって快晴!そしてN嶋会長も快調です!

2


蝦夷富士こと羊蹄山も綺麗に見えます。あ〜登りたい滑りたい!(笑)

3


私は参加してはいませんが、皆さんこれからソーセージ作りの体験です。

4


まずはオーナーシェフさんから経歴とうんちくを聞かされ・・・

5


いよいよ手ほどきを受けながらソーセージ作りの始まりです。一番バッターはやっぱり社を代表してG部長!

6


まずは部下に見本を見せなければならないのでプレッシャーがかかります。でもなんなくと・・・

7


ず〜っと飲みっぱなしのT君はアルコールが切れてしまったのか、手さばきが思うようにはいきません!たぶん?

8


そして最後の仕上げはやっぱりこの人、我が社のエース、N課長!(笑)

9


完成!こだわりの素材を使った見事なソーセージです。

10


このソーセージを地元産の野菜と茹でて・・・

11


美味しそう!ビールやワインが何杯も飲めそうです。食べたかったなぁ〜!

12


M星君と一緒にホテル前で撮影し、その頃一足先にホテルを出発した私達は・・・

後日データーが届き次第の更新となります。

親睦会2

1


ニセコ昆布温泉甘露の森さんでの宴会。 牛のたたきの鉄板焼き。

2


ハムのカルパッチョ

3


ホタテのグラタン?

4


冷やしとんこつラーメンとたけのこご飯。

5


ブリュレ?美味しかった宴会料理の一部ですが、昼間のビール園で盛り上がり過ぎて皆さんトークダウン。

6


宴会の雰囲気はまったり感一杯です。しかも贅沢にも昼間のビールが美味過ぎて瓶のクラッシックがあまり飲めません!(苦笑)

7


朝から飲みっぱなしのN課長は飲み疲れてしまい、ピアノの生演奏を横目にお風呂へGO!

8


お酒の飲めないT君は何にも面白くないのか宴会終了と同時に布団の中へ・・・

9


会長部屋で二次会。でも12時前には全員睡眠のお利口さんでした。(笑)

親睦会

1


週末は昨年度から私も幹事の一員である会社の親睦会の行事で、ニセコに行ってきました。
しばらく行事を行わず、お金を貯めてひさびさの旅行です。

朝8時出発、サロンバスに乗るなりいきなり 「カンパ〜イ♪」

2


バスの運転手は高校の同級生のM星君、そして車掌は私です!(笑)

3


まず行った先はサッポロビールの恵庭工場。

4


ここは無料で工場見学ができ、さらには無料で出来立ての美味しい生ビールも試飲できます!
この無料こそが幹事の腕前!(苦笑)

5


ところが昨年高校を卒業して入社したT君はまだ未成年者のため、美味しいビールは飲めません!首から未成年者と書いたカードをぶら下げられ不満そう!(笑)

7


そして試飲の黒ラベルと北海道限定のクラッシックを頂きましたが、この上なくなまら美味い!

6


小保方さん似のスタッフが家庭での美味しいビールの注ぎ方を教えてくれるのをN課長は真剣に見ていますが、はたしてどちらを見ているのでしょうか?(苦笑)

12


ビールを飲み過ぎて、ビールになってしまったわたく氏。

8


そして昼食は、工場内にあるレストランで。

9


ビールと言えば、北海道はやっぱりジンギスカン!

10


うちらのテーブルは鍋奉行がいなかったので焼き方はいまいちですが・・・

11


とりあえず親睦会会長の音頭でまたまた 「かんぱ〜い♪」

紅葉音

resize0169


正月明けからインフルエンザにかかり、1週間程ダウンしていたカミさんが復活し、「何処か温泉に連れて行け!」と言われ、土曜日の午後からニセコでは知る人ぞ知る一日12組限定の有名な温泉宿、紅葉音に行ってきました。

ところがこの日の天気は大荒れ、当別町から余市までは猛吹雪で視界がほとんどありませんでした。さらには小樽から余市までの間で国道が渋滞しているようなので一本山側の道路に回避したのですが、雪が深くてカミさんの前輪駆動のミニクーパーでは走行がやっとやっとなのです。

途中で除雪車を見つけ、この後をついて行くことにし、なんとか遭難はまぬがれました。(苦笑)

1


余市を過ぎて、仁木町あたりから視界は良くなったのですが、喜びもつかの間、倶知安からまた吹雪。それでもヒラフスキー場の下では吹雪の中、多くの外人さん達が飲み歩いていました。

蘭越町に入りさらに雪が凄くなり、またまた除雪車の後ろを走行しながらなんとか予定の1時間30分遅れの5時間かかって目的地に到着。ほとんどノンストップでした。

2


宿に入ってチェックイン。ホッとした瞬間です。宿の方も大変心配していたらしく、部屋をサービスでグレードアップしてくれました。感謝!

resize0171


resize0168


とりあえず温泉に入り休憩。これぞニセコの温泉、この風情が温泉マニアにはたまりません。夕食時間は過ぎているのですが、宿のはからいでまずはお風呂に入る事ができました。

3


resize0172


resize0170


resize0173


そして夕食。ここの宿は料理が美味い事も有名で、私達は一番安いコースを選んだのですが、それでもお酒飲みには十分な料理です。カミさんも大満足!もちろん二世古酒造のお酒も置いてありました。でもこの料理にはもう少しグレードの高い二世古酒造の大吟醸が純米吟醸を飲みたかったですね。

4


朝起きて部屋の露天風呂で朝風呂。雪秩父と同じ硫黄泉の泥風呂です。

5


そしてこれまた豪華な懐石料理の朝食。朝からお酒が飲みたくなります。(笑)
出発前には車の雪落としとエンジンをかけてくれている等、宿の対応も素晴らしいし、大満足で宿を後にしました。

7


チセヌプリの登山口と寿先輩の別宅の様子をチェック(笑)車を停める事ができます。

8


さすがに別宅は埋もれていました。でも少し除雪すれば泊まることができそうです。(笑)

9


そしてミルク工房に立ち寄り、空気が乾燥した冬は「誰よりも君をアイス!」なんてね!(笑)



国道274号線

1


芽室町で車中泊をした快晴の翌朝、札幌に向かいました。剣山を横目で見ながら、こんな日は最高の山登りの日なのに残念ながらただのドライブ。今年はついていません!(苦笑)

21


実は今回突然帯広に行った理由はばん馬以外に理由があるのです。休日ともなれば道内あちらこちらを走り回っている私ですが、住んでいる場所柄、国道274号線は起点から終点まで一度もまともに走ったことがなかったのです。

2


日勝峠を通るなんていったい何年ぶりだろう・・・?

3


険しいだけに「どうやって作ったかな?」と、あちらこちらの土木施設が私の目に入ります。(笑)

4


朝から何も食べていなかったので日高町に道の駅で休憩。ここではイベントが行われていました。イベントの内容は長くなるので翌日にします。(苦笑)

5


一番最初に私の目に入ったのはこの山女の塩焼き。

6


結局、山女の塩焼きとから揚げ、そしてたこ飯とキノコ汁がこの日の昼食。

19


国道274号線は夕張まではほとんど山の中を走行するのでこの時期紅葉は見事でした。普段閑散としている滝の上公園は凄い人。

20


今年の紅葉もこれが最後でしょう!
livedoor プロフィール
livedoor 天気
記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ